白馬乗鞍(リベンジ)

 ★山行日   2019年4月6日(土) 晴れ

★メンバー 

   スキー講師Y田隊長(リーダー)、k社長、しげっち氏、 みっちゃん(記録係)       

   

 前回悪天候のため、ピーク登頂を断念した白馬乗鞍。リベンジすべく、快晴のこの日を狙ってやってまいりました。

f:id:toyama-rouzan:20190406102434j:plain

 

 

f:id:toyama-rouzan:20190406104729j:plain

f:id:toyama-rouzan:20190406105926j:plain

 澄み渡る青空。春の気配が感じられます。

 

と、思いきや登るに従って風が強く吹いてきました。途中しばらく頭を下げてじっと耐えなければならないような強風です。

f:id:toyama-rouzan:20190406112754j:plain

 天狗原に到着。この時点でまともに立ってもいられないような暴風。春の嵐どころでないです。

f:id:toyama-rouzan:20190406112823j:plain

 すぐそこに見える白馬乗鞍岳。まだピークを踏んでいないわたくしは登りたい気持ちと危険だという気持ちのせめぎ合いです。なんとか風がやんでくれないものか・・・

 

 顔面を打ち付ける強風の中、岩に座ってじっと思案されるリーダー・スキー講師Y田隊長。我々隊員は静かに指示を待つことに。しばらくして下された決断は「ここで下山」でした。

 

 下山開始。上部はクラストしている上に強風に体が押されて、それでもなんとか・・・

 少し下に降りると、いかにも”THEバックカントリー”な大斜面は健在でした。ここで先輩方の写真を撮ることに。雪崩リスクは低いとのこと。先に降りさせていただいてシャッターチャンスを狙いました。

 

 まずはしげっち氏。

f:id:toyama-rouzan:20190406115944j:plain

  k社長

f:id:toyama-rouzan:20190406120022j:plain

  そしてスキー講師Y田隊長。

 f:id:toyama-rouzan:20190406120050j:plain

 パウダースプレーをまき散らしていらっしゃいます。写真で撮れませんでしたが他の2名の方もまき散らしてらっしゃいました。スプレーが出ないのは山スキー1年生のわたくしだけであります。

 

 ツリーランも撮ってみました。

 しげっち氏。

f:id:toyama-rouzan:20190406120615j:plain

 k社長

f:id:toyama-rouzan:20190406120543j:plain

 スキー講師Y田隊長。

f:id:toyama-rouzan:20190406120510j:plain

 先輩方お見事!

 

 ある程度下へ降りると風も弱くなり、平和な春の山を楽しむことができました。後になれば強風もいい経験だったと思います。

f:id:toyama-rouzan:20190406122222j:plain

 先輩方の後をついて樹林帯を滑ってスキー場に無事到着。

 

 わたくし山スキー1年生のみっちゃんは圧雪されたゲレンデしか滑ったことのない人だったのですが、短期間でシール歩行で急登を登り、クラスト面を滑り、林間を滑っていけるようになったのは(下手は下手なりに)ご指導して下さった先輩方のおかげとしか言いようがないです。今回ご一緒して頂いた方々以外にも素晴らしい方が何人もいらっしゃいますので。山スキーの楽しさを教えていただきましたね。

 なかなか白馬乗鞍のピークを山スキーで踏めないのですがそれはまた次回のお楽しみということで。

 山スキー最高!