濁河温泉【自然氷瀑のゲレンデ視察&練習】

★山行日 :2022年1月24日(月) 快晴

★メンバー:須藤(個人行き)

★概要        :参考になるか分かりませんが情報提出しておきます。

 

※コロナ感染拡大予防策として

富山から現地まで(計 3時間程)何処にも寄らなず、人と接触しない1人で視察&練習。

 

★現地住所:岐阜県下呂市小坂町濁河

アプローチなし、

濁河大橋の横から下へ15M懸垂下降して、渡渉し目的地へ。

f:id:toyama-rouzan:20220124232128j:image
f:id:toyama-rouzan:20220124232728j:image

氷瀑の高さ最大15M程だが緩傾斜やバーチカル・アイス【75度~90度】など変化のあるコースをいろいろ挑戦出来るので初心者から経験者でも十分楽しめます。


f:id:toyama-rouzan:20220124232144j:image
f:id:toyama-rouzan:20220124232321j:image

f:id:toyama-rouzan:20220124232356j:image

1月の積雪によりほとんど氷は埋まっていましたが、少し練習は出来ます。

※ちなみにアイスクライミングは凄く楽しいです。経験したことない人が想像する何十倍も楽しいですよ。

 

白鳥山山スキー


★山域山名  白鳥山

★山行日   2022年1月22日(土)晴れ

★メンバー  ピークハン長、コボちゃん、かがやき1号

 

本日は、毎年1回は行きたい白鳥山へ。

白鳥山のルートはいくつかあるが、今回は一番長い距離を滑れる除雪終点ルートを選択。

下部のヤブはいつも通り面倒くさいが、滑れないことはない。上部はヤブを差し引いてもオツリがくるレベルの極上パウダー。適度に締まっており、スキー場よりも滑りやすい雪質であった。


f:id:toyama-rouzan:20220122183530j:image

下部のヤブはいつも通り。


f:id:toyama-rouzan:20220122183601j:image

作業道終点で日の出。


f:id:toyama-rouzan:20220122183642j:image

まだ先は長いです。


f:id:toyama-rouzan:20220122183723j:image

本日は晴天なり。


f:id:toyama-rouzan:20220122183810j:image

グレートトラバース?


f:id:toyama-rouzan:20220122183955j:image

鳥居杉


f:id:toyama-rouzan:20220122184042j:image

白鳥山ゲレンデ


f:id:toyama-rouzan:20220122184112j:image

もう少しで山頂ですよ~。



f:id:toyama-rouzan:20220122184146j:image

山頂到着。

f:id:toyama-rouzan:20220122121633j:plain

山頂直下の浅い谷を 快適に滑り下ります


f:id:toyama-rouzan:20220122184226j:image

キレイに?描けました(笑)

 

お疲れさまでした。

山スキー講座 瀬戸蔵山

★山行日 :2022年1月15日(土) 快晴

★メンバー:

    参加者:山スキー /スーちゃん, ギッシ-, しげっち
                スノーシュー/みーさん、    かんじき/ショーナン

★概要      :

  雪山のリスクマネージメントは登山計画を立てるときから始まっており、これから入る雪山の積雪状態を予測する事と地図から、雪崩や道迷いのリスクのありそうな箇所を予め確認しておくことが重要である。

  今回、事前課題として参加者には、瀬戸蔵山から一番近いアメダスの観測地点「上市」の過去2週間以上の気象データの収集とこれから入る山の積雪状態を予測してもらった。当初の計画では大品山から粟巣野スキー場へ降りる予定であったが、1/11夜からの積雪で、ゴンドラ駅跡からのラッセルがあり瀬戸蔵山まで2時間半かかっており大品山に行くとなると当山行目的の雪面観察に時間がさけなくなるので瀬戸蔵山までとした。 瀬戸蔵山の山頂にて、積雪観察とCT(シャベルコンプレションテスト)とECT(エクステンディットコラムテスト)を実施。当初、気象データからストームスラブによる雪崩のリスクがあるかもと予測していたが、積雪状態は意外と安定であった。帰りは、立山山麓スキー場へ戻ったが、登り返しも少しあるため かんじき組の方に分配が上がった。    

f:id:toyama-rouzan:20220120235646j:plain 

  霧氷に覆われた樹木 

f:id:toyama-rouzan:20220120235705j:plain

  瀬戸蔵山山頂

f:id:toyama-rouzan:20220120235723j:plain 

  CT            

f:id:toyama-rouzan:20220120235734j:plain

         ピットにて積雪断面観察

f:id:toyama-rouzan:20220120233944j:plain

  

f:id:toyama-rouzan:20220120234111j:plain

  積雪断面観察 瀬戸蔵山山頂 積雪220cm 方位 Noth

八ヶ岳 アイスクライミング

★山行日

2022年1月15、16日(土、日)快晴

★メンバー

須藤 会員外3名

★コースタイム

1日目

美濃戸口駐車場9:00⇒赤岳鉱泉12:00⇒f1、f2⇒16:00⇒赤岳鉱泉(テント泊)

2日目

赤岳鉱泉6:30⇒ジョーゴ沢10:00⇒ナイナガラ11:00⇒右ルンゼ12:30⇒硫黄岳14:30⇒赤岳鉱泉15:30⇒美濃戸口駐車場17:00

 

裏同心ルンゼの予定が、今シーズンは早々埋まってしまったため、
結局確実に登れるジョーゴ沢に変更としました。
f:id:toyama-rouzan:20220117233925j:image

緩傾斜とバーチカル・アイスは強烈なまでに違いナイアガラの滝でその洗礼を受け、


f:id:toyama-rouzan:20220118000501j:image

右ルンゼから稜線を目指しました。

ルンゼ抜け口から稜線まではトレースがなく、ラッセル、ラッセル。



f:id:toyama-rouzan:20220118000622j:image

上部のクラストした斜面になる頃には
冬季特有の強い西風に叩かれ、
体力とメンタルが削り取られてゆく。

 

稜線に抜け、硫黄岳の登りにかかる頃に
たちまち上空の雲が降りてきて、
視界が閉ざされました。



f:id:toyama-rouzan:20220118000633j:image

 

ようやく硫黄岳山頂に到着したものの、地吹雪。
「もう降りられない」
と思うくらい打ちのめされました。

滅多に経験のない、
葛藤や思いが渦巻きヒリつくようなアルパイン的緊張感の中ろくすっぽ行動食すら口にできない。

こういう登山を実践出来、
経験値として大きなものを得られました。

f:id:toyama-rouzan:20220117234202j:image

 

※楽しく活動するための技能・知識・体力など多岐にわたる要素が複雑に関連した難易度の高い山行きでの福合問題を適切に処理・解決していく自分の能力の低さが目立ちました。登頂出来た喜びより、悔しさが残った山行きでした。

虎谷山 干支山詣り

★山域山名  虎谷山 687m

★山行日   2022年1月9日(日)

       曇り時々雨

★メンバー  機関車(L)、ピークハン長、浦G、しげっち、かがやき1号、すーちゃん、まっきー、Yさん、ショーナン(記録)

★コースタイム  9:10林道入口→10:50 603mの最初のピーク→11:30虎谷山 山頂→12:10 下山開始→13:40 林道入口着

今年も干支の山詣でという事で、機関車さんに企画頂きました虎谷山へ!計9名が参加となりました。そして、年男としてショーナンが参加!?待ち合わせ場所に着いた時は、しっかりと雨が降っていてどうなるかと思いましたが、登山開始する頃には止みました。

登山開始です。

f:id:toyama-rouzan:20220110172426j:plain

林道歩きです。スノーシュー履いてワカンを背負うYさん。

f:id:toyama-rouzan:20220110174617j:plain

浦G軍団

f:id:toyama-rouzan:20220110181756j:plain

林道歩きは少しで、直登が始まり〜

植林されたキレイな林を抜けます。f:id:toyama-rouzan:20220110174817j:plain

f:id:toyama-rouzan:20220110182209j:plain

そして、登る

f:id:toyama-rouzan:20220110174945j:plain

ハイ!休憩!もぐもぐタイムに笑顔が溢れます。

f:id:toyama-rouzan:20220110175122j:plain

まだまだ登る!

f:id:toyama-rouzan:20220110175239j:plain

603mの最初のピーク付近からの眺め。f:id:toyama-rouzan:20220110175422j:plain

少し歩くと、虎谷山がお目見え!

f:id:toyama-rouzan:20220110175618j:plain

上がって下がって上がって、虎谷山ピークを目指す!

最後の登り、頂上目前!f:id:toyama-rouzan:20220110175744j:plain

登頂!f:id:toyama-rouzan:20220110175827j:plain

突然、掘り出す?すーちゃん。

f:id:toyama-rouzan:20220110180006j:plain

かがやき1号さん、しげっちさんも参戦!

何が!?埋蔵金f:id:toyama-rouzan:20220110180137j:plain

f:id:toyama-rouzan:20220110180205j:plain

三角点探しでした〜 無事に発見。

f:id:toyama-rouzan:20220110180237j:plain

ランチタイム中に、お勉強するしげっちさん

f:id:toyama-rouzan:20220110180355j:plain

f:id:toyama-rouzan:20220110181038j:plain

集合写真

f:id:toyama-rouzan:20220109120632j:plain

はい、下山開始です。

f:id:toyama-rouzan:20220110180550j:plain

ワカンとスノーシューを担ぐYさん?

f:id:toyama-rouzan:20220110181422j:plain

思い思いのルートを楽しめるのがこの時期の良いところですね。

f:id:toyama-rouzan:20220110180736j:plain

あっという間にゴール!

f:id:toyama-rouzan:20220110180954j:plain

解散です。機関車、浦G、ショーナンはみのわ温泉♨️へ〜山菜蕎麦も楽しみました!

皆様、今年も宜しくお願い致します!


大品山BC

★山域山名  瀬戸蔵山、大品山1404m

★山行日   2022年1月4日(火)

       雪時々曇

★メンバー  キヨさん(L)、tada♂、かがやき1号、まっきー、すーちゃん(記録)

★コースタイム

9:00らいちょうバレースキー場トップ→10:30瀬戸蔵山→12:10大品山山頂→12:30下山開始→13:45あわすのスキー場トップ

 

あわすのスキー場から、大品山を目指す予定でしたが、天候を考慮して、らいちょうバレースキー場からに変更しました。

スキー場トップに着いたら、思っていた以上に、昨日夜から今朝まで、新雪がだいぶ積もっていました。

先輩曰く、今日は山スキーではなく、冬山訓練だな!と。

自分は、今期初めての山スキー

新雪深すぎで、転ばないように滑るのがやっとでした。先輩方が見守ってくれて、心強かったです。感謝🙇‍♀️

 

f:id:toyama-rouzan:20220106081051j:image

旧ゴンドラ駅にある看板

 

f:id:toyama-rouzan:20220106081116j:image

昨日、かがやき1号さんが同じルートを。しかし、ほとんどトレースがわからない程の新雪が積もってました。

 

f:id:toyama-rouzan:20220106081152j:image

瀬戸蔵山のトイレ🚾

 

f:id:toyama-rouzan:20220106081232j:image

瀬戸蔵山を過ぎての下りで、転ぶ。

新雪深すぎで、なかなか立てれません。自分は、自力で立つことが出来ず、まっきーさんに助けられる始末。

 

f:id:toyama-rouzan:20220106081301j:image

f:id:toyama-rouzan:20220106081325j:image

先輩お二人、どんな時でも華麗です。

 

f:id:toyama-rouzan:20220106081348j:image

瀬戸蔵山過ぎて、ここの左尾根を誤って下りて行くところでした。

 

f:id:toyama-rouzan:20220106081408j:image

しばしの晴れ間

 

f:id:toyama-rouzan:20220106081440j:image

木の根元に亀裂

この前にも、目の前で雪崩を目撃!

 

f:id:toyama-rouzan:20220106081506j:image

ここに大品山山頂の標識があるはず

 

f:id:toyama-rouzan:20220106081523j:image

昨日は、ここから大日岳が見えてたのに......と、かがやき1号さん。

さあ、滑りに切り替えて、下山です。

股下まで、足🦵が埋まるので、スキー板に靴をセットするにも一苦労💦

 

f:id:toyama-rouzan:20220106081556j:image

貯水池が見えてきました

 

f:id:toyama-rouzan:20220106081612j:image

ここで導水管を渡ります

 

f:id:toyama-rouzan:20220106081624j:image

右が導水管

 

f:id:toyama-rouzan:20220106081635j:image

あわすのスキー場のトップにでました。

この後、らいちょうバレースキー場に向かう途中、お昼を食べました。

 

f:id:toyama-rouzan:20220107090645j:image

 

 

御世仏山

★山域山名  御世仏山五箇山)1031,2m

★山行日   2022年1月2日(日)晴れのち曇り

★メンバー  tada♂、沢ヤか?Y、コボちゃん、かがやき1号、まっきー、kさん(元会員)、機関車

 

今シーズン、初滑りはいつもの様にこの山へ。

積雪はこの時期としては先ず先ず。天気は良かったが午前は北斜面の為、陽は当たらず。午後は曇って来たので、雪質は1日を通して良い状態で保存されていた。

 

f:id:toyama-rouzan:20220102082205j:plain

  取付きの林道の積雪は70cm位。結構冷え込んでいたので手先が冷たい。

 

f:id:toyama-rouzan:20220102090754j:plain

         対岸の山も綺麗に見え、景色は最高だった。

 

f:id:toyama-rouzan:20220102102939j:plain

   稜線直下の急斜面も藪は少し出ていたが何とか上手くコースを取れた。

 

f:id:toyama-rouzan:20220102115438j:plain

 

f:id:toyama-rouzan:20220102121352j:plain

        山頂近くの谷の源頭部から直に降って行った。

 

f:id:toyama-rouzan:20220102121843j:plain

     滑り始めは急だったが少し降るとナイスな斜面になった。

 

 

f:id:toyama-rouzan:20220102141131j:plain

  雪が良かったので林道に降りてからは朝のトレースを登り返してもう1本滑った。

 

f:id:toyama-rouzan:20220102142424j:plain

       棚田も陽が殆ど当たらなかったのでスキーも良く走った。