大日ヶ岳(山スキー)

★山行日

2020年2月1日(土)曇りのち晴れ

★メンバー

スキー講師Y田、k社長、みっちゃん、ジャッカル(記録)

★コースタイム

08:15 高鷲スキー場駐車場

09:00 ゲレンデトップ

10:15 大日ヶ岳山頂

11:00 北斜面鞍部

12:00 大日ヶ岳山頂(2回目)

13:00 ゲレンデトップ

13:30 高鷲スキー場駐車場

------------------

動画作りました↓(音質悪すぎるので注意)

みなさんこんにちは。ブログ初投稿になります、ジャッカルです。

今回の山行は、美濃の盟主こと大日ヶ岳へ。

200名山のひとつで、僕の300名山カウンターもひとつ増え、46/300に。まだ254も、、、

紅葉が素晴らしいとのことでそういうシーズンにまた来られたらと思います。

 

さて、今回はk社長プレゼンツのお気楽山スキーということで、山スキー初心者でゲレンデすらまともに滑れない僕でも行けるかな?と少し不安ながらの参加でしたが、

頂上からの北斜面滑降ではパウダーも経験できましたし(とても気持ちよかった!!)、誰も歩いていない新雪の上を歩くなどといった山スキーならではの魅力も感じることができました。

個人的には山スキー2回目でしたが、先輩方の見本を間近でみれたり、コツを教えてもらったりして少しは上達できたかなっと思います。これからも当たって砕けろ精神で、どんどん参加していきたいので、どうぞよろしくお願いします!

 

------------------ーーーーー

以下、時系列

 

朝6時に薬勝寺出発し、東海北陸で高鷲スキー場へ。

車内での先輩方のマシンガントークを適当に流してるうちに、

f:id:toyama-rouzan:20200207233400j:image

あっという間にひるがの高原へ着いた頃には青空も見え始め、テンション爆上げ。

駐車場に着くと車の数が、、、

f:id:toyama-rouzan:20200207233505j:image

これは相当並ぶぞと覚悟しましたが、回転がいいのか、スキー場がだだっ広いのか、意外とすんなりゲレンデトップへ。

f:id:toyama-rouzan:20200207233549j:image

頂上へは1時間ほどいうことでシールを着けてスタート。

f:id:toyama-rouzan:20200207233623j:image

雪不足の影響か途中でアップダウンがいくつかありましたが、順調に進みます。

半ばも過ぎた頃、勾配30%の激坂が。

f:id:toyama-rouzan:20200207233727j:image

先をいくスキー講師Y田氏はサラッと登ります。さすがレジェンド。続く僕は途中で諦めつぼ足で登ることに。続く先輩方も難なくクリア。

f:id:toyama-rouzan:20200207233829j:image

↑先輩方が登るのを見守るレジェンドを撮る僕

ゲレンデトップから約1時間で登頂!

f:id:toyama-rouzan:20200207234003j:image

記念撮影もそこそこにシールを剥がし、北斜面へ向け少し下る。

f:id:toyama-rouzan:20200207234054j:image

 

すると少し開けたパウダー斜面が現れた!そこを滑ることに。

初めてのパウダーはとても滑りやすく、浮いているような感覚で山スキーの醍醐味を味わうことができました。

150mほど滑り降りたところでシールをつけ、再度頂上を目指す。パウダーは登るのは気持ちよく、これもまた醍醐味を味わえたと思います。

f:id:toyama-rouzan:20200207234127j:image

途中で青空も復活してきて、頂上からは往路を辿りゲレンデへ戻ります。

途中何度も転けながらもなんとか到着。

直下のレストランで昼食をとり、ゲレンデをサクッと滑り、駐車場へ。

帰りに牧歌の里横の温泉へ、850円のぼったくり価格にも関わらず、サウナがぬるかったので次は違うとこかな。

高速を走らせ薬勝寺の駐車場に着いたのは16:30ごろ。お疲れ様でした。そしてありがとうございました!

 

~~~追伸~~~

 レジェンドのおふたりの滑走動画を入手しましたのでここに添付します。