鳳来クライミングツアー(春はこれが最後か?)

  • 2008年6月7日
  • 駐車場 6:30〜7:30 → 鬼岩 8:30〜18:00(この間クライミング) → 駐車場 18:50〜19:00 → 盆栽センター(夕食・風呂)19:30〜20:50 → 富山(五福)25:05
  • 千々石 奥野(記)

春シーズンはこれが多分最後の鳳来・鬼岩のクライミングツアー。今回は私と千々石さんの二人。富山を金曜20時30分ごろに出発、仮眠場所に土曜日1時40分ごろに到着、マズマズのペースだった。6時まで仮眠して登山口の駐車場に6時30分ごろに到着、朝飯食って鬼岩に向けて7時30分頃出発。

岩場までのアプローチは、小一時間のハイキング。このアプローチを嫌がるクライマーは多いけど、自分はこれが好きだ。季節が移るにしたがって、野鳥のさえずりがセミの合唱に変わっていく。秋は、緑から紅葉に変わっていく。今回は、アカショウビンの鳴き声を聞きながら(姿は見えず残念!!)アプローチをたどった。やがて乳岩川(といっても本の小沢程度のせせらぎ)を渡ると鬼岩はすぐそこ。川を渡って暫く進んだらまもなく鬼岩。初めて行く時は、是非上を見上げて鬼岩の奇観に圧倒されて欲しい。

私のルートは“禁断のセプテンバー(5.12c)”、千々石さんは“パレード(5.12b)”。岩場に着くと、アップの替わりにクイックドローを掛ける。禁セプは、日差しが燦々とあたって暑い。なんだか手がぬめって上まで抜けられず、がっかり。千々石さんは数回テンションかけながらムーブを確認しつつ上まで抜ける。私の今日中のRPは無理そうだが、千々石さんは行けそうな感じだ。

千々石さんのパレードは、本日4トライ目で見事RP、おめでとうございます。結局私は5回トライして、何とかトップアウトは出来るものの核心帯から上部が繋がる気配なく終了、回収終わったら18時を過ぎていた。

急ぎ撤収し下山すると18時50分。ギリギリでヘッ電は使わなかった。これから帰ると富山着がずいぶん遅い時間になりそうなので、風呂を済ませていくことにし、盆栽センターへ。ここは、「クライマーです」っていうと、風呂パスを貸してくれる。メシ代は安いとはいえないが、風呂付ならリーズナブル。

20時50分頃に富山に向けて出発、下呂で運転交代して翌日曜日の1時過ぎに富山着。思いのほか順調だった。

鳳来は、富山と往復600km余りで、岩場も5.10台がほとんどなく5.12台が中心なので、ナカナカ敷居が高いと思うが、ゼヒ皆さんも練習を積んで鳳来に行きましょう。クライマーだけじゃなく、クライミングもする山屋だって来ていますよ。