御世仏山

★山行日
2018年12月30日(日)雪時々曇り
★メンバー
スキー講師Y田、キヨさん、ピークハン長、沢ヤか?Y、しげっち、かがやき1号、スキーヤーK、機関車
★コースタイム
9:30 国道156線駐車場(標高350m)-12:40 稜線(915m)-13:45 国道156線駐車場(標高350m)


年末にこの冬一番の寒波がやって来たと言う事で安近短の御世仏山へ行ってきた。
いつもの様に国道脇の林道からのスタートだったが、先行者がいた様でトレースが有った。暫くトレースを辿ったが我々の予定のコースと違っていたので途中から我が道を進んだ(結局その先行者とは一度も会わず)。予想通り上部へ行くほど藪は埋まっておらず稜線直下はかなりの藪。これ以上進んでも藪地獄に嵌るだけなのでここで行動を終了。

降りは滑られる斜面を何とかつないで棚田へ。登りとルートが違っていたので段差が気になったが、トレースが無い分平坦な所は直ぐに止まったので逆に安全に降る事が出来た。ここのコースで意外に快適なのが棚田の下の斜面で、積雪不足でありながら藪は殆ど出ておらず満足の行く滑りが出来た。

雪不足が予想されていたので今回はいつもの周回コースをとらなかったが、今度まとまった雪が降ればもう一度訪れてみたい。



国道から延びる林道からスタート

下部は雪不足ながらも藪は薄かったがラッセルは脛から膝くらい

上部はこんな所も有ったのだがこの上が大変だった

藪地獄!これ以上進んでも下りがそれ以上に地獄なので稜線直下で行動を終了
沢もスキーも藪は大敵

滑られる所は限られていたが雪は重いながらもパウダーを頂けたので良かった

棚田は藪は無いが登りとコースが違っていたのでトレースを利用できず
平坦な所は直ぐに止まってしまう

お気に入りの景色が見られたので良しとしよう

棚田の下部の方が藪が薄く快適だった

お疲れ様でした!