剱岳 八峰クライミング〜本峰

2012/09/15(土)〜17(月)
日程:
15日(晴れ→14:00から雨)/ テン場入り
室堂8:00〜剱沢〜熊の岩14:30 
16日(快晴)/ クライミング
6峰Cフェース(剣稜会ルート)5:50〜クレオパトラニードル〜8峰の頭12:50〜熊の岩15:05着
17日(快晴強風)/下山     
熊の岩5:35〜池の谷乗っ越し6:35〜剱岳8:45〜室堂15:00
メンバー : コバ隊長・西部警察峰不二子
コメント:
 ずっとコバ隊長の希望であったクレオパトラニードル行きが実現しました。クレオパトラの前後のルート設定は自由にとのこと。峰が夢に見た待望の念願の八峰クライミングについに行くチャンス到来です!初級者なので、6峰Cフェース(剣稜会ルート)希望を隊長にお願いして実現!昨日午後からの雨で岩の状況を心配しましたが良好。岩がテン場の目の前なので2番目に取り付く事が出来て良かった。3連休&TVのイモトの影響か、続々とクライマーが上がってきてCフェースの取り付きはあっという間に黒山の人だかり。10パーティー以上いた!
峰が1ピッチ目をリードする。2ピッチ目もリードの予定だったが、1本のルートを同時に3パーティーが進行するというラッシュ状態。コバ隊長焦りまくりです。2・3番目は時間差で同時に登るが追い立てられる。2・3ピッチ目は西部警察君リード。3ピッチ目で手こずる。4ピッチ目からはコバ隊長リード。このルートのメインのナイフリッジ。岩の薄いエッジは高度感あるクライミングがチョー気持ち良い!!さして難しくなく6峰終了。初 八峰。やったー!
 次は水平道を通りクレオパトラニードル。当然コバ隊長リード。チンネ左稜線や8峰のクライマーが良く見える。(チンネ行きたいよー)美しく尖りそそりたつクレオパトラ。ピークに立った隊長がめちゃ喜んでて、こちらも嬉しかったです。
 その次は、水平道を少し戻り8峰へ。ここから見るクレオパトラのなんと素敵なことか!カッコイイ。またもコバ隊長感動。(余談ですが、向かいの乗っ越しから剱へ上がるルートを、直登する垂壁ではなくなんとガレガレのルンゼを上がるパーティーがいた。当然のごとく落石を何度も起こしていた。どう考えてもそのルート違うでしょ!私たちの後ろのパーティーが大声で間違いを指摘していました。)池の谷乗っ越しへの下降は長次郎側への懸垂が渋滞のため、池の谷側へ懸垂する。長次郎の雪渓はかなり少なく、熊の岩の向かいまでガレ場歩きでテン場到着。3人でやり終えた喜びの固い握手!
 最終日、夜中からのテントを揺らす強風に天候を心配したが、逆に快晴。台風が雲をさらって行ったようだ。ラッキー!剱にまだ登った事が無いという西部警察君のため、北方稜線で本峰へ。あっさり、八峰と北方稜線をゲットしてしまうなんて、なんてラッキーマンなんだ。と言ったら、そーなんですかーと。コバ隊長も、生意気な奴だ!と笑いながら何度も言っていた。途中、通り過ぎるガスにブロッケン現象が現れ、コバ隊長は写真写真とはしゃぎまくる。絶景だが台風の強風と稜線の突風に神経を使い、岩を掴みながらの歩き。本峰到着。祠が無い!修理のためヘリで下されたそう。んー物足りない頂上だなー。カニのたてばい・横ばい等に注意しながら下山。重い荷物に耐えながらようやく剱御前に到着。急に色とりどりの山ガールが増える。かわいいなー。。。雷鳥沢からの石畳と階段登りは、今年から有毒ガス噴出で地獄谷ルート通行止のため雷鳥荘の前を通過しながら室堂へ。カラフルでかわいい山ガールの彼女連れのイケ面君。彼女のサブザックも背負って石の階段を一段ぬかしで走り上がる。「いいなーザック上げてくれる彼氏!」と私。「ぼくも探そーかなー、ザック上げてくれる子」と西部警察。そっちかい!!。コバ隊長は「もっと若ければなー」と!返す言葉がありません(笑)室堂バスは待ち時間殆どなく乗車。乾杯のソフトクリームも急いで食べました。
 晴天の中、すばらしく充実した中身の濃い山行でした。峰は21キロのザックで手の甲が2倍に膨れ上がったけど、楽しかった!!!皆、ありがとー。




.