瀬戸蔵山(1320m)・鍋倉山

★山行日
2011年1月30日(日)雪
★メンバー
オギさん、沢やか?Yさん、機関車(記録)
★コースタイム
ゴンドラ山頂駅9:45⇒瀬戸蔵山手前のピーク(1260m)10:25〜11:00⇒北斜面1000mまで滑走⇒尾根上984mp12:10⇒粟巣野スキー場着12:40



今日は悪天候の予報だったので近場の雷鳥バレースキー場のゴンドラリフトに乗り、瀬戸蔵山手前のピークから粟巣野スキー場に降りて来ました。大雪の時はアプローチや駐車場所に苦労するが、スキー場からだと手軽さ(朝もゆっくり出来る)と駐車場所の心配が無いので非常に助かる。ゴンドラリフト(1回800円)頂上からシール歩行を開始。既に先行者がいて立派なトレースを行くがラッセルは大変だろう。瀬戸蔵山手前のピークでシールを剥し滑り出したが、如何せん雪が深すぎて滑りにならず。本当は1本滑って瀬戸蔵山に登り返しほぼ夏道沿いに粟巣野スキー場に降りるつもりでしたが、この深雪では登り返す元気も無いので途中からシールを貼って地図上984mピークへトラバース。このピークから百間滑方面に急斜面を滑りました。標高差で200m程でしたが気持ちのいい斜面でした。近年出来た遊歩道の橋(昨年のクリーンハイクで渡った橋)を渡ると直ぐにスキー場の脇に出ました。ここで留守本部をお願いしてあるスキー講師Y田さんに連絡を入れていると丁度上から滑ってこられてバッタリ。それにしてもタイミング良すぎ!
粟巣野スキー場を降りてからクロカンコースを辿れば、ぐるりと周回コースが楽しめます。




 
ゴンドラリフト頂上駅からスタート    先ずは左前方の瀬戸蔵山を目指す
 
雪が深〜 先行者のトレースを借りる   984mピークからの急斜面
 
百間滑に架かる橋を渡りスキー場へ    太線が予定していたコース