御世仏山(五箇山)1013m

★山行日
2010年2月6日(土)暴風雪
★山域・山名
御世仏山五箇山)1013,3m
★メンバー
マツさん、ボーダーT、機関車(記録)
★コースタイム
林道入口9:00⇒稜線(900m)11:35⇒御世仏山山頂12:25⇒林道入口14:00


御世仏山(みよぶつやま)は庄川を挟んで高坪山の対岸に位置し、晴れていれば五箇山の名峰人形山が間直に望める山である。10年ほど前の残雪期に坪足で登った事はあるが、はたしてスキーはどうであろうか。今年は積雪たっぷりなのでここぞとばかりとパウダー狙いに行ってみる事にしました。


平の道の駅8:00に待ち合わせ。今日は荒れ模様の天候だが行ける所までと言う事で国道(156号)を南へ約2キロ進むと右側に車が数台置けるパーキングがある。ここで準備をして更に南へ約200m歩き林道の取り付き地点へ。もちろん林道は除雪してなく、約2mの雪壁を乗り越えシール歩行開始。


5分ほど歩いて左の斜面に取付き暫くで広い雪原に出る。風が強く雪煙が舞っている。斜度は徐々に増して行き稜線直下ではかなりの傾斜になって来るがシール登高に問題なし。標高900mで稜線に出るが風が半端じゃない。つい泣きが入りそうになるが、ピークハンターのマツさんの前では何も言えない。ダラダラ尾根を我慢の歩きで何とか頂上に到着。写真を撮ればすぐに下山開始。条件が良ければ山頂からドロップしたかったのだが今日の天候では諦めざるを得ない(往路を戻る)。


尾根上は多少のアップダウンがあるので滑降ポイントまでシールを付けたまま降る。そしてポイント地点から待望の滑降。雪質、斜面は申し分なし。下までほぼ一直線なのであっという間に滑り降りた。予想外の美味しい斜面が有り、今後も何度か足を運ぶ事になりそうです。時間が無い時など、半日のお勧めコースになると思います。



国道沿いのパーキングに駐車       国道を200mほど歩き林道に取付く

暫く歩くと広い雪原に出る        帰りが楽しみな斜面

山頂付近 風雪が凄かった        山頂で何とか1枚撮る

ピークハンターのマツさん        今期初登場のボーダーT

約2mの雪壁から            ジャーンプ!!