源次郎尾根Ⅰ峰上部フェース 成城大ルート

★山行日

2020年9月20日(日)晴れ・21日(月)曇りのち晴れ・22日(火)晴れ

★メンバー

ちこ、会員外5名

 ★コースタイム

【20日】

室堂14:00⇒剱沢テン場16:10

【21日】

剱沢テン場3:00⇒源次郎取り付き4:30⇒成城大ルート1ピッチ目スタート7:00⇒1峰登山道合流13:00⇒山頂14:40〜15:10剱沢テン場18:00

【22日】

剱沢テン場6:50⇒室堂9:00⇒雑穀谷でのんびり11:30〜15:00

 

めったに取れない貴重な連休はどこに行こうか考えていたところに県外の友人から「成城大ルート行かない?」と声をかけてもらいました。

来年あたり行きたいな〜と思っていたルートだったんですが、天気予報が二転三転するなか、剱周辺はまあまあ良さそうということもあって行くことに。

ところが、連休中のケーブルカー&バスの混雑ぶりを甘く見ていました、、、往復のチケットを買うところが一番の核心となりました(-_-)。

14:00近くに室堂に着き、テントで埋め尽くされた雷鳥沢を過ぎて剱沢に着いたのは16:00すぎ。すぐにテント設営してチーズダッカルビ(量多すぎた)を食べて明日に備えて就寝。

翌朝は3:00に出発。この時期は剱沢の雪渓が割れているので慎重に。尾根ルートから成城大ルートへの分岐で腹ごしらえをしてから取り付きへ。

成城大ルートのハイライトは4ピッチ目。高度感がすごくて緊張感あふれる楽しいピッチでした。

ランナウトやリングボルトの支点は緊張しましたが、大好きな剱を頼もしい仲間と登ることができて幸せでした。これからもクライミングを頑張ろうと思いました。

f:id:toyama-rouzan:20200929051958j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200929052505j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200929052608j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200929052717j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200929052309j:plain

 

錫杖岳前衛フェース左方カンテ(クライミング)

 錫杖岳前衛フェース左方カンテ 

 ★山行日

2020年9月22日(火)晴れ

★メンバー

 しげっち, 旧会員(浪速の直ちゃん)

コースタイム:
 新穂高温泉登山口 05:30-錫杖沢出合 07:05-左方カンテ取りつき 08:00~08:30-9ピッチ完登 13:50-懸垂下降開始 14:40-注文の多い料理店取りつき 16:00-左方カンテ取りつき 16:35-新穂高温泉登山口 18:20

<左方カンテ>
1P(ルンゼ【Ⅲ】40m) → 2P(ルンゼ【Ⅳ】40m) → 3P(ピナクル頭からスラブ状フェース【Ⅴ】30m) → 4P(バンド状【Ⅱ】20m) → 5P(チムニー【Ⅳ+】30m) → 6P(チムニー左のフェース?カンテ状【Ⅳ】 40m) → 7P(かぶった凹角?大チムニー?クラックの走ったフェース【Ⅴ+】40m) → 8P(スラブ【Ⅳ+】40m) → 9P(ルンゼから短いフェース【Ⅲ】40m) → 登攀終了 前衛フェース山頂直下 平地

★内容:

 しげっちは、19年ぶりに左方カンテに行ってきました。中間支点のボルトまたはハーケンは以前は、べた打ちされていたが、今回行ってみると、ほとんど抜かれておりカムがメインの登攀となった。リングボルトに比べれはどうしても設置できるカムの間隔が間延びしてしまうためと高度感からくる滑落への恐怖心で、グレード以上の緊張感を感じた。また、普通ならば残置されたボルトを追いかければルートから外れることはないが、当ルート初の浪速の直ちゃんにとっては、ルート取りに時間がかかったかもしれない。各ピッチ終了点のハンガーボルト2箇所は残されており、ビレイは問題なくできた。
 当パティの持参したカムは リンクカムが2セットとエイリアンの細かいカム、キャメロット#1~4で #4は無くても問題はなく、1ヶ所だけ試しに使ってみた程度であった。天候は晴れのち曇りで、暑くもなくクライミング日和で、緊張感を堪能した。

 

ナチュラルプロテクション:
オメガ リンクカム #0.5   ×2セット
オメガ リンクカム #0.75 ×2セット
オメガ リンクカム #1   ×2セット
オメガ リンクカム #2
エイリアン #0.33
エイリアン#3/8
キャメロット#1.0
キャメロット#2.0
キャメロット#3.0
キャメロット#4.0

  


f:id:toyama-rouzan:20200923230940j:plain 

f:id:toyama-rouzan:20200922065122j:plain f:id:toyama-rouzan:20200922103353j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200922123720j:plain  f:id:toyama-rouzan:20200922135116j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200922160041j:plain

 

 

 

 

 

 

雪倉岳(沢登り)

雪倉岳(小屋沢遡行~白高地沢左又下降)

 

★山行日

2020年9月21日(月)曇り~22日(火)晴れ

★メンバー

スキー講師Y、ショーナン、機関車、よっぴ~、まっきー、スーちゃん

 ★コースタイム

【21日】

蓮華温泉(1470m)8:43⇒鉱山道⇒小屋沢入渓(1950m)12:18⇒雪倉避難小屋(2400m)14:35

【22日】

雪倉避難小屋(2400m)6:12⇒雪倉岳山頂(2610,9m)6:52⇒白高地沢左又下降開始(2150m)8:11⇒二又(1430m)10:53⇒登山道(1330m)11:55⇒蓮華温泉(1470m)14:26

 

久しぶりに沢登りでの1泊山行、今回は雪倉岳直下にある避難小屋を利用して鉱山道から小屋沢(仮称)を遡行、翌日は白高地沢下降の周回コースを考えてみた。ただ、山行日直前になって調べてみるとこの避難小屋は遭難者をかくまう為に設置されたものであり、緊急事態では無い限り登山者の利用は控える様にとの事だった。今さら計画を変更する事も難しいので、今回に限り使用させて頂く事に…

 

f:id:toyama-rouzan:20200921084342j:plain

         まずは蓮華温泉から少し遅めの出発(鉱山道へ)

 

f:id:toyama-rouzan:20200921093504j:plain

              瀬戸川に架かる橋を通過

 

f:id:toyama-rouzan:20200921120440j:plain

  ようやく小屋沢の入口に到着、初めての沢なので期待と不安が入りまじる

 

f:id:toyama-rouzan:20200921123537j:plain

      入渓後、直ぐに3m位の滝が現れるが容易に登れる

 

f:id:toyama-rouzan:20200921124940j:plain

    3~4段の斜瀑、これも簡単だが少しぬめっているので滑り易い

f:id:toyama-rouzan:20200921125214j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200921125513j:plain

          滝の幅は狭く似たようなものが多かった

結局、沢用語で言う何も無かった(ザイルを使った登攀や高巻きが無い)事になるが、初級者が多いメンバーだったのでホッと一安心

f:id:toyama-rouzan:20200921130023j:plain

晴れていれば快適なのだが疲労感も重なり早く抜けたい気持ちが強かった。と言うかこの沢は雪倉岳に登るためのアプローチに過ぎなかったのが本音かも

 

f:id:toyama-rouzan:20200921132527j:plain

  下部を抜けると谷も広がり開放的になって来た しかし何も見えず

 

f:id:toyama-rouzan:20200921132930j:plain

     源流部にはまだ花が少し咲いていた  【カライトソウ】

 

f:id:toyama-rouzan:20200921140536j:plain

   最初の一滴?で水を確保  この後10分程で稜線(登山道)に出る事が出来た

 

f:id:toyama-rouzan:20200922061219j:plain

前夜は霧雨と強風で時折り目が覚めたが、翌日は快晴。小屋のお陰で気持ち良く朝を迎える事が出来た

ありがとうございました!

 

f:id:toyama-rouzan:20200922062241j:plain

         画面中央の沢を登ってきたが意外と急?

f:id:toyama-rouzan:20200922062259j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200922063919j:plain

          登るにしたがい周囲の山も見えて来た♪

f:id:toyama-rouzan:20200922063931j:plain

            立山(左)と劒(右)も確認できた

 

f:id:toyama-rouzan:20200922065838j:plain

               雪倉岳山頂に到着!

 

f:id:toyama-rouzan:20200922065553j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200922070356j:plain

               朝日岳が大きい

 

f:id:toyama-rouzan:20200922070637j:plain

               毛勝三山や僧ヶ岳の山々も

 

f:id:toyama-rouzan:20200922072102j:plain

       地図上に記載がある大きな池 名前が有るのだろうか

f:id:toyama-rouzan:20200922075338j:plain

白高地沢の上部を俯瞰 計画では赤男山を巻いて右又を降る予定でいたが、手前の左又を降っても行けると判断。その結果、体力と時間の節約につながった

 

f:id:toyama-rouzan:20200922081625j:plain

           登山道からいよいよ源頭部へ降りて行く

 

f:id:toyama-rouzan:20200922085837j:plain

        桃源郷の様な穏やかな別天地がしばらく続いた

 

f:id:toyama-rouzan:20200922090626j:plain

              【ツリガネニンジン

 

f:id:toyama-rouzan:20200922102108j:plain

   下流へ行くも滝は皆無で正しく何んにもない沢だったがかえって良かった

 

 

f:id:toyama-rouzan:20200922105356j:plain

          大きい二又(1430m)に到着 ここで大休止

f:id:toyama-rouzan:20200922114941j:plain

            ようやく橋(登山道)が見えて来た!

 

f:id:toyama-rouzan:20200922121925j:plain

これから地獄の登り返しが有るのも知らずに余裕のポーズをとるショーナンさん

 

f:id:toyama-rouzan:20200922143528j:plain

 無事下山!ほぼ予定のコースタイムで周る事が出来ました。メンバーに感謝!!

 

f:id:toyama-rouzan:20200923193955j:plain

 

雑穀谷岩登り訓練~其の四~

★実施日

2020年9月12日(土)晴れ☀

★メンバー

しげっち氏、スキー講師Y田氏、コバ隊長、ジョー氏、ショーナン氏、若い男氏、浦G氏、すーちゃん、リバティさん、ケイティさん、ミツバちゃん、O島氏(元会員)、みっちゃん(記録)

★登攀ルート

Aフェース、堰堤ルート

 

 9月になると厳しい暑さから解放されて秋の気配が日々色濃くなってきます。少し過ごしやすくなるこの時期を待って今シーズン4回目の岩トレを雑穀谷で行いました。久々の岩トレで参加者12名、今回初雑穀谷の方や元会員の方も加わり、賑やかでした。

f:id:toyama-rouzan:20200912093237j:plain    

 今回クライミング初チャレンジは2名。基本のザイルワーク指導。f:id:toyama-rouzan:20200912134847j:plain

 Aフェースのルートは3つ。初チャレンジはまず右側のルートで。岩レジェンド・スキー講師Y田氏が指導に当たられました。わたくしも教わりましたが。必要なことを簡潔に伝えて下さるのでとても分かりやすいです。

f:id:toyama-rouzan:20200912093430j:plain

 経験者は左側ルート。札幌労山より移籍の若い男氏。軽々~とクリア。

f:id:toyama-rouzan:20200912112527j:plain

 2回目の参加のショーナン氏。高級クライミングシューズを購入されての左ルートチャレンジ。結果は…上出来でした☻

f:id:toyama-rouzan:20200912102759j:plain

 左側ルートはこの先が難しいのですが…。

f:id:toyama-rouzan:20200919023602j:plain

 クリア。達成\(^o^)/

f:id:toyama-rouzan:20200919032230j:plain

 長年の経験値も生きるようです。

f:id:toyama-rouzan:20200912102134j:plain

 大ベテラン、コバ隊長。岩に触るのは久しぶりとのことでしたが。とてもそうは思えないナイスな登りでした。山やとはかくあらん…な感じの方で。とても勉強させていただきました。

f:id:toyama-rouzan:20200912101920j:plain

 わたくし含む6名で堰堤ルートへ移動。

f:id:toyama-rouzan:20200912102006j:plain

 Aフェースよりやや難易度が上がります。岩講師・しげっち氏がリードで登り、お手本を示してくださいました。

f:id:toyama-rouzan:20200912102132j:plain

 先生カッコよろしいです(^^

f:id:toyama-rouzan:20200919040330j:plain

 元会員のO島氏。わたくしは初めてお会いしましたのですが。Niceクライミング!  f:id:toyama-rouzan:20200919023720j:plain

 ちなみにわたくしめ。このO島氏よりドSな?ご指導を賜りました。堰堤ルート中間に核心部があって、超えるのに少しコツがあるのですが。お聞きしたことをヒントに…

登れました\(^o^)/

f:id:toyama-rouzan:20200912112603j:plain

  お手伝いすることあるかな?とAフェースの方を覗きに。皆さんそれぞれ楽しんでらっしゃいました。まずは「楽しい」と思うことが大切なように思います。

f:id:toyama-rouzan:20200912143516j:plain

  O島氏よりクライミング中パートナーの怪我など緊急事態に対応する技能を伝授。実践ではそうそう教われないかと思います。山岳会ならではのハイレベルな技能。習得したいなと思うかたは…是非当会へのお越しをお待ちしてます☻

クリヤ谷

★山行日

2020年8月30日(日)晴れのち曇り

★メンバー

スキー講師Y、K社長、浦G、しげっち、機関車、よっぴ~、まっきー、スーちゃん、ミツバちゃん

 

f:id:toyama-rouzan:20200830083436j:plain

         駐車場所から入渓地点まで20分程歩きます

 

f:id:toyama-rouzan:20200830084835j:plain

        ここが入渓地点、連日の猛暑で水量は少な目かな

 

f:id:toyama-rouzan:20200830090458j:plain

         岩がデカいのでそれなりに時間が掛かります

 

f:id:toyama-rouzan:20200830091116j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200830092150j:plain

                第一の穴滝

 

f:id:toyama-rouzan:20200830100611j:plain

          高巻きは2回、いずれも左岸を高巻きした

 

f:id:toyama-rouzan:20200830103238j:plain

         これが本当の穴滝? 水が冷たかった!

 

f:id:toyama-rouzan:20200830103509j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200830111005j:plain

      登山道(渡渉地点)直下の滝はザイルを出して登った

 

f:id:toyama-rouzan:20200830120508j:plain

             お地蔵様到着 今年もお参りに来ました

 

f:id:toyama-rouzan:20200830120559j:plain

            遡行再開、今回は錫杖沢出合まで

 

f:id:toyama-rouzan:20200830121821j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200830122601j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200830124303j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200830125255j:plain

   うーん、今日はあそこまで行く筈だったのだが… また今度にするか…

 

沢上谷(そうれだに)素麺山行

★山行日

2020年8月22日(土)晴れ

 

★おすすめポイント

1.美しい3つの滝!

2.美しいナメづくし!

3.ウォータースライダーあります!

 

★メンバー 計6名

スキー講師Y、しげっち、K社長、ジョー、みっちゃん、ショーナン(記録)

 

★コースタイム

駐車スペース:
入渓点 8:40
五郎七郎滝 9:00~9:05
岩洞の滝 10:00~10:10
簑谷大滝 10:40~12:00
林道(出渓)13:36
駐車場 14:45

 

人気のソーメン山行!さぁ〜スタートです!

駐車場のすぐ後ろから沢に入れます。

しかも、ソフトに!初心者の私にとって安心なスタートです。

f:id:toyama-rouzan:20200828202947j:image

 

直ぐに美しいナメが始まってる!

カメラに目線を合わせるワタクシ

f:id:toyama-rouzan:20200828203609j:image

 

間もなく最初の滝の分岐に到着と同時に最初難関に!手前のツルは使い物にならず。まき道で回避しました。

f:id:toyama-rouzan:20200828203750j:image

 

滝が少し見えてきました。

想像を超えるスケール??

景色に期待し進むと出ました!

五郎七郎滝の登場です。造形がステキ!

f:id:toyama-rouzan:20200830085619j:image

 

分岐点まで引き返し次の滝へ

その前に釜が登場

リーダーより、泳いでから滝を上がると指示が!

全員で順番に挑戦しました。暑かったので爽快!

動画は別途公開予定

f:id:toyama-rouzan:20200828210940j:image

 

美しいナメが続き癒されながら歩きます。

やがて、分岐が現れ念のため地図をチェック!

確認大事です。

f:id:toyama-rouzan:20200828205307j:image

 

次はどんな滝かと期待に胸を膨らませて歩きます。

おっ!いきなりスケールがデカイ事になってる?

太陽の位置がいい感じで演出し全景が見える前なのに皆様の撮影が開始!

f:id:toyama-rouzan:20200828204449j:image

 

そして、出ました全景!

先程の五郎七郎滝とは全然違う秘境感満載の岩洞の滝です。

f:id:toyama-rouzan:20200828204453j:image
なんと滝裏に行けます!

しぶきを浴びながら撮影 パシャっと

f:id:toyama-rouzan:20200828211409j:image

 

感動覚めやらぬまま次の滝を目指して分岐点まで引き返します。しばし美しいナメを歩き続けますとターザンポイントが!

天然のツルでターザンを楽しむみっちゃん

f:id:toyama-rouzan:20200828212221j:image

 

そしてまたナメを歩くと現れました

簑谷大滝!

コレまた特徴的な!

先ずは集合写真撮影

f:id:toyama-rouzan:20200828211727j:image
f:id:toyama-rouzan:20200828220956p:image

 

さぁ〜お待ちかねのソーメンタイム!

滝を眺め歓談しなが準備して

とても美味しいソーメンを堪能!

事前準備して頂きましてありがとうございました。

約1時間も楽しんじゃいましたね。

f:id:toyama-rouzan:20200828212525j:image
f:id:toyama-rouzan:20200828212515j:image
f:id:toyama-rouzan:20200828212511j:image
f:id:toyama-rouzan:20200828212520j:image

ハンドパワーで温める!?

f:id:toyama-rouzan:20200829131057j:image

 

満腹な食後には愛でていた簑谷大滝を高巻き〜

リーダー以外は急斜面をヒーヒー言いながら上がりました。上がったと思ったら降りま〜す。

先輩達のご指導と安全確認に熱が入ります!

f:id:toyama-rouzan:20200828212908j:image
f:id:toyama-rouzan:20200828212912j:image

 

降りたらまたまた美しいナメ歩き

幸せだ〜

f:id:toyama-rouzan:20200828213124j:image
f:id:toyama-rouzan:20200828213119j:image

 

ウォータースライダースポット現る!

準備したシートを手にみっちゃんは上部へ

スライディングしている動画は別途公開予定

f:id:toyama-rouzan:20200828213433j:image

 

名の知れぬ滝?なめ?の脇を残置ロープで上がります

f:id:toyama-rouzan:20200828213722j:image
f:id:toyama-rouzan:20200828213711j:image
f:id:toyama-rouzan:20200828213718j:image
f:id:toyama-rouzan:20200828213714j:image
f:id:toyama-rouzan:20200828213704j:image

f:id:toyama-rouzan:20200828220204j:image

 

この後も美しいナメを歩きやがて車道へ

駐車場まで約1時間の車道を歩きます。

途中であの3滝が見えるとの事で探しながら

雑談しながら次の山行の話をしたり

f:id:toyama-rouzan:20200828214155j:image

 

大満足の沢上谷素麺山行でした。

初めてのブログ投稿のショーナンでした。

 

ショーナンさん初のブログ作成ありがとうございました<(_ _)>

よろしかったらこちらもご閲覧を。これぞ山岳会!な滝登り動画アリ。

                   ~動画投稿 みっちゃん~

ちなみにわたくしも鯉の滝登りにチャレンジ…のはずだったのですが、ものすごい水圧と轟音にビビッて敗退。やられた先輩方、まじめに凄いです。

 

天然ウオータースライダー動画です。去年もやりましたが今年は水が少なくて水深が浅かったです。結構なスピード。実に楽しかったですねー☻

 

木地屋渓谷

 

★山行日

2020年8月16日(日)晴れ

★メンバー

スキー講師Y、K社長、キヨさん、ジョー、機関車、よっぴ~、まっきー、ケイティ、ミツバちゃん

 

f:id:toyama-rouzan:20200816084723j:plain

   水量は多いが落差の少ない滝が多く川幅も広いので容易に登る事が出来る

 

f:id:toyama-rouzan:20200816085618j:plain

       釜は深い所も有るので両岸から越える事が多かった

 

f:id:toyama-rouzan:20200816085927j:plain

  しかしこの時期に滝を登らない手はない、意識して滝の中央にコースをとる

 

f:id:toyama-rouzan:20200816091734j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200816093244j:plain

     今回のコースで高さ(3m前後)は無いが一番迫力が有った滝

 

f:id:toyama-rouzan:20200816100227j:plain

            唯一ゴルジュっぽい所の滝

 

f:id:toyama-rouzan:20200816100303j:plain

 

f:id:toyama-rouzan:20200819210843j:plain

           途中でクロアゲハの集団を見つけた

 

f:id:toyama-rouzan:20200816105506j:plain

        最初の二又で遡行を終了 高台で休憩する事にした

 

f:id:toyama-rouzan:20200816122315j:plain

高台には小屋(丹生川村指定の文化財)が有った

こちらの方が沢よりも木陰で風も有り、虫もいなくて快適だった(昼寝タイム有り)

 

f:id:toyama-rouzan:20200816125835j:plain

             帰りは同じコースを下降した

 

f:id:toyama-rouzan:20200816125810j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200816125816j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200816131320j:plain

         入水タイムが増え降りも同じ位時間が掛かった

 

f:id:toyama-rouzan:20200816134051j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200816135232j:plain

    いくつかの家族連れのグループが涼を求めて水遊びをしていた

 

f:id:toyama-rouzan:20200819211511j:plain