十石山(乗鞍周辺)・山スキー

 ★山行日

2020年1月19日(日)快晴

★メンバー

キヨさん、富山の名人、よっぴ~、まっきー、リバティ、スキーヤーK、アラさん、機関車(記録)

★コースタイム

白骨温泉登山口8:16⇒湯の沢平9:35⇒十石山山頂12:40~13:30⇒白骨温泉登山口15:45

 今シーズンは記録的な暖冬で北陸地方のスキー場も殆どが休業状態。昨シーズンは寡雪ながらも藪スキーを楽しむ事が出来た(?)ところが今シーズンは富山県内の中低山の斜面にも雪が殆ど無く、山奥の林道に辛うじて雪が有る状態。装備の点検を兼ねて数回足慣らしをしてきたがもう林道歩きにはうんざり。やはり雪の有る斜面を滑りたい。

 ネットで調べてみると標高の高い乗鞍周辺がそこそこ雪が有りそうで、その中でも十石山が年末からいくつか記録が出ていた。富山からはちょっと遠いが日帰りで十分行けるエリア。この山は過去に2回ほどスキーで登った記憶が有り、調べてみると18年前(2002年3月)に記録が有った。その時は山頂小屋泊りで必要なものが殆ど揃っており小屋の中は快適だった。

今回は厳冬期なので天候が心配だったが、うまい具合に好天が重なり風も弱かったのでほぼ予定通りの行動が出来た。同行してくれたメンバーにも感謝!

 

 

f:id:toyama-rouzan:20200119081631j:plain

  除雪終点まで車が入り直ぐに斜面に取付く事が出来た。登り口で積雪は30cm位

 

f:id:toyama-rouzan:20200121193619j:plain

    登山道分岐の平坦地、笹は出ているが滑りにも殆ど影響は無さそうだ

 

f:id:toyama-rouzan:20200119090332j:plain

       トレースはばっちり、広い沢状の斜面を登って行く

 

f:id:toyama-rouzan:20200119091155j:plain

  トレース上は固く締まっているのでクトーが有れば容易に登る事が出来る

 

f:id:toyama-rouzan:20200119090427j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200119103804j:plain

     標高1950m付近のやせ尾根、キックターンの回数が多くなる

 

f:id:toyama-rouzan:20200119104313j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200119115338j:plain

       ようやく樹林帯も抜け周囲の見晴らしも良くなって来た

 

f:id:toyama-rouzan:20200119121659j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200119124728j:plain

          森林限界を抜けると山頂はもう直ぐだ!

 

f:id:toyama-rouzan:20200121193647j:plain

              山頂直下から見た乗鞍岳

 

f:id:toyama-rouzan:20200121193724j:plain

        ズームで・・・本当に美しい山容です。ずっと眺めていたい

 

f:id:toyama-rouzan:20200121194213j:plain

          振り返ると富士山もはっきりと確認できた

 

f:id:toyama-rouzan:20200119124932j:plain

         そして待望の山頂に到着!やりました!!

 

f:id:toyama-rouzan:20200119125414j:plain

    風はそれほど強くなかったのでシールもその場で剥がす事が出来た

 

f:id:toyama-rouzan:20200119125439j:plain

               山頂から穂高方面

 

f:id:toyama-rouzan:20200121193736j:plain

             折角だから山頂小屋に入ってみる

 

f:id:toyama-rouzan:20200119134516j:plain

               小屋の中は広く快適

 

f:id:toyama-rouzan:20200119133658j:plain

            お食事中の所を撮らせてもらいました

 

f:id:toyama-rouzan:20200119134914j:plain

          小屋を出た頃は風も大分弱くなっていた

 

f:id:toyama-rouzan:20200119135507j:plain

      皆さん、滑走準備は良いですか?それでは行きましょう

 

f:id:toyama-rouzan:20200119135729j:plain

     直下の斜面は少しパックされた状態だったが先ず先ずの雪質

f:id:toyama-rouzan:20200119140349j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200121193605j:plain

        標高2300m辺りの緩斜面が雪質も良く快適だった

 

f:id:toyama-rouzan:20200121193633j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200121193757j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200121193746j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200119155131j:plain

   湯の沢平の平坦地でシールの装着を行ったがそのままでも行ける範囲だった

 

白馬乗鞍岳(山スキー)

 

★山行日 

2020年1月11日(土)晴れ☀

★メンバー

ひかり号氏、M島氏(会員外、長野県某山岳会所属)、みっちゃん(記録)

★コースタイム

9:30栂池スキー場ゲレンデトップ⇒11:40天狗原⇒12:30白馬乗鞍岳⇒12:50滑走開始⇒13:00北東斜面下より半分ほど登り返して再滑走⇒14:40栂池スキー場

 

 記録的な暖冬の今シーズン、ここ富山県でも深刻な雪不足によりスキー場は軒並み閉鎖中、関係者の方々におかれましては大変な思いをしておられるものと推察いたします。今後のまとまった降雪を切に願います。

 

 わたくしみっちゃんは山スキーは2年目、初めて山スキーの世界に足を踏み入れたのが栂池スキー場から白馬乗鞍岳を目指すコースでした。それ以来、天候不良、強風、時間切れで敗退すること5回。いいかげんに腹がたってきて。今度という今度は…と虎視眈々とチャンスを伺っていたところ、去年赤木沢企画でお世話になった実力者、ひかり号氏がシーズン初めの足慣らしにこのコースへ行かれるとのこと、フットワークを軽快にしてこの計画に便乗させていただきました。天候は晴れ予報、絶好のピークハント日和かと。

 当日朝、ひかり号氏の知人で長野県某山岳会所属のM島氏と栂池スキー場にて合流、初対面のわたくしに気さくに接して下さって大感謝です(人''▽`)。

 それからカチンコチンに凍ったバーンを滑ってチケット売り場へ。予想通り長蛇の列でした…。 

f:id:toyama-rouzan:20200111081654j:plain

 まずはチケット売り場までゲレンデを滑って軽く足慣らし。パウダーを期待して持参した新兵器G3シーカーエル。テレマーカー・ひかり号氏も今シーズン板をリニューアルされた模様。「オガサカ」のものでとても柔らかい板だそう。

f:id:toyama-rouzan:20200111090022j:plain

 ゴンドラとリフト一本乗り継いでゲレンデトップへ。びっくりするほど雪が少ない!あちこち藪が見えています。

f:id:toyama-rouzan:20200111093313j:plain

 リフトを降りたら林道へトラバース。ここでシールを付けてスタート。気温が高く、春スキーに来たのかと勘違いするような陽気。作業は素手でも大丈夫でした。

f:id:toyama-rouzan:20200111094404j:plain

 林道から望む景色。本当にいいお天気です☻

f:id:toyama-rouzan:20200111102514j:plain

 成城小屋前にて小休憩。ここから樹林帯を登ります。

f:id:toyama-rouzan:20200111102521j:plain

 目指す白馬乗鞍岳がくっきり。晴天の青空に映えて美しいです。

f:id:toyama-rouzan:20200111102732j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200111105527j:plain

 樹林帯を抜けました。

f:id:toyama-rouzan:20200111110741j:plain

 11時40分天狗原到着。やはりというべきか風はなかなか強かったです。白馬乗鞍岳の方をみると雪煙が舞い上がっていました。が、登れないほどの強風ではないです。このまま山頂を目指すことに全く迷いはナシ。

f:id:toyama-rouzan:20200111115830j:plain

 BCカントリー天国の白馬乗鞍岳。登る人が列を成してまるで巡礼者の列のよう。

f:id:toyama-rouzan:20200111124607j:plain

 登るにつれ本当に風が強くて。ピークのやや下、なるべく風の当たらないところでシールを外しました。

 風はともかく快晴のこの日、大パノラマ展望。

f:id:toyama-rouzan:20200111124618j:plain

 ひかり号氏とM島氏で滑走する斜面を検討された結果、北東大斜面を降りることに。

 滑り始めるとなかなかのパウダー☻森林限界を超えた広大な雪世界、スノーパラダイスでした。

f:id:toyama-rouzan:20200111130035j:plain

 登ってきた天狗原方面を眺めながら…。

 北東斜面下まで降りたところでせっかくの新雪、もう一回途中まででも登り返そうということに。

 撮影者がドジなもので画像が横になったのですが(スイマセン(-_-;)今回ご一緒させて頂いたお二人に何かお役に立てればと滑走のお姿を撮影しました。

 まずはテレマーカー・ひかり号氏。


 そしておそらく長野県某山岳会の若きエース?なM島氏。

 

 まあ素晴らしいの一言で。ちなみにわたくしはというと「下手は下手なりに」広大なスノーキャンパスにシュプールを描くことを楽しめました(^o^)

f:id:toyama-rouzan:20200111150001j:plain

 栂池スキー場着。お疲れ様でした!ご一緒させて頂いて本当に感謝します。ありがとうございました<(_ _)>

 

 6度目のトライにしてようやく山スキー白馬乗鞍岳をゲット。わたくしは全くしつこい性格ではありませんが。山に関しては少々しつこい方が?なかなかの急斜面ではありましたがドライパウダーの為か非常に楽しく大斜面を滑ることもできました☻今回のルートは王道の白馬乗鞍ツアーコースでしたがこの他にもいくつかのルートが。そちらも行ってみたいですねー。それとスキーの技術向上の為の練習もしないととつくづく思いました。ご一緒させて頂いたおふた方。今は王様と奴隷ほどの格差がありそうですが。まずは王様と農民ぐらいにはなりたいものですかね?(^o^)(^o^)




 

大鼠山(おおねずやま)1584M 岐阜県神岡町

★山行日

2020年1月13日(日)曇りのち雪

★メンバー

ピークハン長(L)、よっぴ~(SL)、機関車、みっちゃん、tada♂、tada♀、かがやき1号、スキー講師Y田、まっきー、スーちゃん、まがよちゃん、浦G、NOMO、マリンちゃん、ジョー、リバティ、ぎっしー(記)

★コースタイム

林道入り口(1060M)8:10⇒登山口(1500M)10:40⇒山頂(1584M)11:30~12:10⇒登山口12:45⇒シール取外し(1464M)13:05⇒林道入り口13:40~14:10

 

yamap.com

 

 今月の会山行はねずみ年にちなんで大鼠山を目指す。今シーズンは超暖冬で県内スキー場も未だ営業できないくらい雪がない。奥飛騨にある大鼠山に果たして雪はあるのか。

 8:00、車は山の村牧場を過ぎ、林道入り口まで入ることができた。積雪30CMほど。スキー12人、かんじき4人、つぼあし1人の大所代。緩やかな林道を延々と登る。

 10:40、深洞湿原の目印を右に見て、左の登山口から山頂を目指す。藪が深い。

 11:30、山頂でラーメンタイム。年男年女の別途撮影もあり。12:10、下山開始。

 13:05、林道の1464Mからシールを外し、滑走開始。緩やかながらも止まることはない。13:40~14:10、車デポ地まで到着。最後のあたりで雪が降ってきた。

 脚が攣って難儀していたところに付き添ってくださったリーダーにこの場を借りて感謝申し上げます。

f:id:toyama-rouzan:20200113082939j:plain

天気はまずまず。

 

f:id:toyama-rouzan:20200113085944j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200113090026j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200113090041j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200113090131j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200113104238j:plain



f:id:toyama-rouzan:20200113104224j:plain

10:40登山口から赤布を目印にピークを目指す

 

f:id:toyama-rouzan:20200113115329j:plain

ねずみ年の人々

f:id:toyama-rouzan:20200113115732j:plain

 

f:id:toyama-rouzan:20200113135156j:plain

林道入り口へ到着



f:id:toyama-rouzan:20200113135211j:plain

林道入り口へ到着

f:id:toyama-rouzan:20200113140423j:plain

林道入り口へ到着

f:id:toyama-rouzan:20200113141000j:plain

林道入り口へ到着













乗鞍スカイライン

★山行日

2020年1月5日(日)雪

★メンバー

スキー講師Y田、よっぴ~、まっきー、ちこ、機関車

★コースタイム

乗鞍スカイライン入口7:27⇒平湯峠8:33⇒夫婦松9:49⇒2150m(ヘアピンカーブ)11:25⇒乗鞍スカイライン入口12:35

 

今日は猫岳に登る予定で乗鞍スカイラインの入口からスタート。単独の方が先行している様でトレースを有難く頂戴。風雪の中、天候の回復を期待しながら登行していたが標高を上げるに従い風もだんだん強くなり途中で心が折れて標高2150mのヘアピンカーブであえなく撤退(指先が冷たい!)

下山途中で単独行の方が降りて来られトレースのお礼を。大崩山まで行って来たとの事ですが、かなり厳しい状況だったと想像します。折角のトレースが有っただけにちょっぴり残念だったがこの天候(強風)では致し方ない事でした。

f:id:toyama-rouzan:20200105072718j:plain

          出発時の気温は-8度、積雪は20cm程度

 

f:id:toyama-rouzan:20200105083258j:plain

     平湯峠に到着、この辺りから時折り吹く風が気になって来た。

 

f:id:toyama-rouzan:20200105090136j:plain

        青空も見えたりしていたが風は止む事は無かった

 

f:id:toyama-rouzan:20200105094917j:plain

トレースのお陰で良いペースでここまで来たが風がますます強くなって来た。その後暫くして尾根上のトレースを追ったが天候の回復が望めないので潔く撤退を決めた。

 

f:id:toyama-rouzan:20200105111208j:plain

           凍てつく樹木、自然が創り出す造形美
 

お雑煮山行 小佐波御前山

★山行日

2020年1月3日(金)曇り時々小雨

★メンバー

かがやき1号、あずさ2号、スキー講師Y田、みっちゃん、ジョー、リバティ、P ハン長

★コースタイム

10:00 猿倉山登山口 - 11:14 御前山 -12:03小佐波御前山三角点‐ 12:10-13:45 避難小屋 - 14:55 猿倉山登山口

 

久しぶりのお雑煮山行です

天気がイマイチだったので 避難小屋はありがたい

暗い小屋の中で まずは炭をおこします

それから 各自食べたいだけのお餅を焼いて

人参だらけのお汁をかけて

おいしく いただきました

 

f:id:toyama-rouzan:20200103193834j:plain

雨の中出発

f:id:toyama-rouzan:20200103193702j:plain

途中から積雪がありました

f:id:toyama-rouzan:20200103120315j:plain

三角点

f:id:toyama-rouzan:20200103204701j:plain

避難小屋到着

f:id:toyama-rouzan:20200103193634j:plain

いろんなお餅を焼きます

f:id:toyama-rouzan:20200103185012j:plain

丸餅が隠れています

f:id:toyama-rouzan:20200103193755j:plain

一人足りません。

f:id:toyama-rouzan:20200104111305j:plain

無事下山。お疲れ様でした。

 

 

 


 

 

 

天狗原(山スキー)

★山行日

2020年1月2日(木)曇り時々☀時々雪

★メンバー

スキー講師Y田氏、みっちゃん(記録)

 

  令和2年の幕があけました🎍初詣以外特に予定もなく、元旦から食っちゃ寝生活満喫のわたくし🐷スキー講師Y田氏よりこの窮状から救われるありがたーい連絡を頂きました。長野のスキー場はあまり全面滑走可ではないけれど、栂池スキー場の上、白馬乗鞍や天狗原の積雪は問題ないはず、ちょっと行ってみませんかとのこと。天候はあまりよくなさそうなので天狗原までかな?とのことでしたが。食っちゃ寝生活でのカロリー消費も兼ねて行ってきました☻

f:id:toyama-rouzan:20200102084049j:plain

 

 栂池スキー場着。いかにも積もりそうな大粒の雪が降っていました。

f:id:toyama-rouzan:20200102102541j:plain

 世間は軒並みお正月休み。天候が悪いからとあなどるなかれ。リフト券売り場は行列でした。ゴンドラで一気にゲレンデトップへ。

f:id:toyama-rouzan:20200102103732j:plain

 林道までは少し距離があります。林の中を歩いていきます。藪藪ではありますが新雪の感触を楽しみながら…。

f:id:toyama-rouzan:20200102105747j:plain

 林道に出ました。この時は少し太陽が出てました。

f:id:toyama-rouzan:20200102105753j:plain

 林道周辺の積雪はこんな感じ。帰りにここを滑って来るのは無理ですねー。

f:id:toyama-rouzan:20200102121545j:plain

 林道を抜けてある程度上部までくるとふかふかの新雪でした。トレースはありましたが登る人はまだ少ないようでうすくなってて。ラッセルが必要なところも。

 

 このあと天狗原までは行けるかな?だったんですが。スタートが遅れてトラブルもあり、時間を見て天狗原の少し手前、よく雪崩れるので有名な?大斜面のところで登りは終了。結構風が強かったです。雪はなかなかのディープパウダー。細板だとやりにくかったですね。パウダー用スキー板ならきっと楽しいかと。スキー講師Y田氏は言うまでもなくパウダースプレーをまき散らしながらカッコ良く滑っておいででした。余裕がなくて写真を撮れなかったのが残念。またの機会に…。

 ある程度降りると藪が凄かったですねーやはり今年は雪不足なんだなと改めて思いました。去年は林道と林道の間の林の中を滑って来ることが出来たんですが。無理なので林道からスキー場に降りました。

 まあプラス思考で考えれば。これだけ雪不足でも天狗原周辺まで上がればパウダーが楽しめるのですから☻次は時間にゆとりを持たせてパウダー対応の装備で遊びつくしたいものです(^o^)


 

 

 

山スキー講習(利賀スノーバレー元スキー場)

★開催日

2019年12月29日(日)晴れ

★メンバー

スキー講師Y田氏、ジョー氏、みっちゃん(記録)

 

 令和元年も残すところ3日。前日の初滑りの時にスキー講師Y田氏より今年のフィナーレ山行のお話が。新入会員のジョー氏が山スキーを始められるとのことで。他の新入会員の方との練習会にスケジュールが合わず参加できなかったので個別で練習会を開いて差し上げようとのこと。ジョー氏は表妙義縦走の折お世話になった方。わたくしなどでよければ…といった気持ちでご一緒させていただきました☻

f:id:toyama-rouzan:20191229085118j:plain

 富山県内でも豪雪地帯にあるこの旧スキー場。平野部は降雪ゼロでも。このあたりで30センチくらいの積雪。

f:id:toyama-rouzan:20191229090103j:plain

 山スキービンディングはTLTと言って軽量で特殊な形状のものが最近は主流。装着のコツを指導されるY田氏。

f:id:toyama-rouzan:20191229092917j:plain

 実にいいお天気。穏やかな陽の光を浴びてスタート。

f:id:toyama-rouzan:20191229094455j:plain

 スキー場が閉鎖されて7年。どうしても藪藪になるんですね…。

f:id:toyama-rouzan:20191229094458j:plain

 振り返ればこのような展望。

f:id:toyama-rouzan:20191229103757j:plain

 日頃から鍛えてらっしゃるのでしょうか?ジョー氏はなかなかの体力レベルで。初めてとは思えないほどスイスイ登っていかれます。

f:id:toyama-rouzan:20191229112057j:plain

 冬山の醍醐味、青い空と白い雪山のコントラスト。これが見たかった…。

f:id:toyama-rouzan:20191229114220j:plain

 山頂(元ゲレンデトップ)に到着。山スキーコースでもある白木峰をバックに記念撮影。

f:id:toyama-rouzan:20191229114311j:plain

f:id:toyama-rouzan:20191229114410j:plain

 はるか向こうには御嶽山が。

 

 このあと元ゲレンデを滑って降りたのですが。上部はパウダー(^o^)が、少し降りたらTHE藪地獄で。藪は嫌ですねーよけて通ってもスキーが足元の藪にひっかかったりします。よく見てなるべく藪の少ないところを選ぶようにとのY田氏からのアドバイス。息も絶え絶えになんとか下山完了しました。

f:id:toyama-rouzan:20191229132813j:plain

 山スキー2年目のわたくしにとっても気づきの多い練習会だったと思います。お二方、今日はありがとうございました。よいお年を<(_ _)>来年もよろしくお願いします

(^o^)