白山

★山行日

2019年7月14日(日)〜7月15日(月)曇り一時小雨時々晴れ

★メンバー

マリンちゃん、ゆっき〜、他会員外10名

★コースタイム

14日

市ノ瀬駐車場(5:00)-別当出合-中飯場-甚之助避難小屋-黒ボコ岩-弥陀ヶ原-白山室堂センター(11:30)

15日

白山室堂センター(3:40)-御前峰(4:30)-大汝峰-白山室堂センター-エコーライン-甚之助避難小屋-中飯場-別当出合(13:00)


同じ職種関係の仲間で登りました

曇り時々小雨

f:id:toyama-rouzan:20190714054829j:plain

吊り橋からのスタートです

「せっかくの雨なら透き通ったサンヨウカが見たい」

とワクワクしていましたが

f:id:toyama-rouzan:20190714070036j:plain

結実していました…

後から聞いた自然観察員さんのお話だと

1週間前なら見れたそうでした…残念

f:id:toyama-rouzan:20190714180025j:plain

しかし行きでは進む度に霧がかかり晴れ間の気配はなし

f:id:toyama-rouzan:20190714142528j:plain

白山室堂センターに到着しても山頂は見えず…

ビジターセンターに到着後

15時からの自然観察ツアーに雨の中参加しました

f:id:toyama-rouzan:20190714183741j:plain

性転換するクロユリ

f:id:toyama-rouzan:20190714222929j:plain

ウジを殺すコバイケイソウ

f:id:toyama-rouzan:20190714222713j:plain

ハクサンコザクラ

f:id:toyama-rouzan:20190714223612j:plain

ミヤマキンバイ

雨に濡れたお花達は本当〜っに綺麗でした

ツアーに参加した後は夕飯をいただいてすぐ就寝

翌朝3時に起床し3時40分登頂目指してスタート

ビジターセンターから見た登山客のヘッドランプの光は、頂上へ続く誘導灯の如く並んでいて幻想的でした

そんなこと呑気に考えていたら

寝起きの登山で息が上がりまくり

f:id:toyama-rouzan:20190717011557j:plain

日の出ギリギリの登頂

だけど間に合った!!

f:id:toyama-rouzan:20190715114841j:plain

f:id:toyama-rouzan:20190715115233j:plain

だんだん明るくなってきて…

f:id:toyama-rouzan:20190715115700j:plain

キター!!バンザーイ!!!!

f:id:toyama-rouzan:20190717011809j:plain

ひとしきり日の出を楽しんだ後はお池巡りへ

お池巡りがまた絶景

f:id:toyama-rouzan:20190715131256j:plain

f:id:toyama-rouzan:20190715132120j:plain

f:id:toyama-rouzan:20190715132337j:plain

f:id:toyama-rouzan:20190715132144j:plain

お池を巡りながら御前峰から大汝峰へ

f:id:toyama-rouzan:20190715140029j:plain

f:id:toyama-rouzan:20190715140206j:plain

大汝峰は御前峰よりも広々していて

f:id:toyama-rouzan:20190715140239j:plain

まるでラピュタみたい

大汝峰を下山して朝8時にごはんをいただきました

この間僅か4時間

私達がビジターセンターへ戻ると同時に山頂付近はモヤモヤ〜

f:id:toyama-rouzan:20190715083902j:plain

日頃の行いがものを言いました(*^▽^*)笑

8:30下山開始

少し足元が濡れていて皆転びそうになったけれど

大きな怪我もなく下山できました

f:id:toyama-rouzan:20190715201153j:plain

留守本部を受けてくださった機関車さん

本当にありがとうございました!

こんな山行でした。


最後に

f:id:toyama-rouzan:20190714071024j:plain

行きから帰りまで先陣を切ってくれた頼もしい小隊長でした^_^

※会員外10名のブログ掲載許可済

苗場山

★山行日

2019年7月13日(土) 小雨のち曇りのち晴れ

★メンバー

YSOK氏、みっちゃん(記録)

★コースタイム

和田小屋8:40⇒苗場山2,145m11:30⇒昼食、湿地帯散策⇒下山開始13:30⇒

和田小屋15:40

 標高差929m 登り2時間50分 下り2時間10分  

 

 梅雨空続きで予定していた穂高岳の登山計画も中止。メンバーのYSOK氏とせっかくの3連休、雨雲のないところまで遠征しましょうという会話をしていたのが金曜日の朝。明日土曜日はまだ天気は曇り、ちょっと苗場山など行ってみますかとなりました。仕事が終わってからダッシュで計画書を作成。こういうこともあろうかと日帰り登山の装備は一式常にまとめてあります✌

 100名山で越後第一の高山、梅雨空続きで溜まった鬱憤を晴らすべく、100名山ハンターをやってまいりました。

f:id:toyama-rouzan:20190713080618j:plain

 祓川登山口。予想に反してこの時点では小雨が。

f:id:toyama-rouzan:20190713082707j:plain

 ガスってます。まあそのうち晴れてきますでしょうなどとのんきな会話をしながら登山開始。

f:id:toyama-rouzan:20190713083615j:plain

 登山道はなかなかの急登です。沢路ですが雨のせいでもろに沢になっていました。

 

 雪解けのあとからしばらくの間しか見ることができない高山植物たちが見頃をむかえていました。

f:id:toyama-rouzan:20190713105128j:plain

ニッコウキスゲf:id:toyama-rouzan:20190713104809j:plain

f:id:toyama-rouzan:20190713101225j:plain

f:id:toyama-rouzan:20190713130403j:plain

f:id:toyama-rouzan:20190713133636j:plain

アカモノ。

f:id:toyama-rouzan:20190713140112j:plain

ハクサンチドリ?f:id:toyama-rouzan:20190713134301j:plain

 他にもいろんな花が咲いていました。この時期ならではの山の楽しみです。f:id:toyama-rouzan:20190713125916j:plain

 日頃の行いがいいのか?山頂が近づくにつれ煌々と晴れてきました。頂上部は高層湿原地帯です。

 

 

f:id:toyama-rouzan:20190713114256j:plain

 ピークゲット。

 ピークハントしてはしゃぐ、わたくしの愚かしさと反比例してクールでインテリジェンス感漂うYSOK氏。写真撮影をお勧めしましたが「あ、僕はいいです」とあっさり。

f:id:toyama-rouzan:20190713114900j:plain

 100名山にはだいたいあろう物品販売。

f:id:toyama-rouzan:20190713125937j:plain

湿原散策。もっと条件がよければ谷川岳などもみえるようですが。また次回。

 

写真には撮りませんでしたが、この山は神社の奥の院として稲作の神様(ニニギノミコトでしょうか?)が祭られていていたようです。その頃のものと思われる石塔がありました。

 

f:id:toyama-rouzan:20190713160311j:plain

 下りは滑りやすくなっていたので慎重に…15:40下山完了。お疲れ様でした。本当にありがとうございました☻

 

  冬にはかぐらスキー場として有名な山ですが、無雪期は多くの池塘が光る美しい山でした。高原国立公園内にあるだけのことはあって、よく整備されています。木道があったり休憩ポイントに立派なベンチがあったり、登山客にとって親切なコース構築になっていました。
    あとでわかったことでしたが、このコースから途中分岐で更なる大湿原へ至るロングコースがあるようです。今度来るときは前夜泊で、展望が確実にいいときに訪れてみたいと思います。









 

白木峰・真川谷周回

 

★山行日

2019年7月7日(日)曇り

★メンバー

スキー講師Y田、沢ヤか?Y、ひかり号、浪速の人、NОMО、よっぴ~、みっちゃん、マリンちゃん、機関車

 

 

f:id:toyama-rouzan:20190707080644j:plain

          いつもの様に避難小屋の横から入渓(下降)

f:id:toyama-rouzan:20190707090639j:plain

       下降して30分、1発目の滝(7m)で懸垂下降

f:id:toyama-rouzan:20190707091555j:plain

            直ぐに3mの滝が有り連続懸垂下降

f:id:toyama-rouzan:20190707104405j:plain

f:id:toyama-rouzan:20190707112617j:plain

          6mの斜瀑と3mの滝は左岸から簡単に巻ける

f:id:toyama-rouzan:20190707114059j:plain

         二又に到着、左又の入口は左岸側が崩壊していた

f:id:toyama-rouzan:20190707115013j:plain

                        2段の滝(上にもう1段あり)は右のルンゼから巻いた

f:id:toyama-rouzan:20190707121747j:plain

f:id:toyama-rouzan:20190707124307j:plain

f:id:toyama-rouzan:20190707133741j:plain

f:id:toyama-rouzan:20190707165552j:plain

         今年は裏年かと思っていたがそこそこ咲いていた

f:id:toyama-rouzan:20190707171531j:plain

f:id:toyama-rouzan:20190707175635j:plain

             下山する頃は1台も車が無かった

f:id:toyama-rouzan:20190712230728j:plain

 

金剛堂山・日尾谷直登沢

★山行日

2019年6月23日(日)曇り一時小雨

★メンバー

tada♂、沢ヤか?Y、しげっち、ぎっしー、NОMО、tada♀、よっぴ~、まっきー、機関車

★コースタイム

7:00百瀬川駐車場(835m)-7:20最終堰堤入水(919m)-8:30 支流出合1040m-10:40直登沢出合1200m-15:00金剛堂山1637m-17:00 金剛堂山登山口(790m)
-17:20 百瀬川駐車場(835m)

 

f:id:toyama-rouzan:20190623072917j:plain

  林道歩きの後最終堰堤を越えた直後に入渓、本流はゴーロ帯がしばらく続く

 

f:id:toyama-rouzan:20190623080005j:plain

  滝の脇を簡単に巻けるのだが、ぎっしーは待ってましたとばかりに直登!

 

f:id:toyama-rouzan:20190623082500j:plain

        左から支流が注ぎ込む二又に到着(支流に入る)

 

f:id:toyama-rouzan:20190623084531j:plain

   支流に入って最初の滝、ここは左右どちらからでも簡単に登れる

 

f:id:toyama-rouzan:20190623085252j:plain

               この滝は岩が脆かった

 

f:id:toyama-rouzan:20190623090320j:plain

          4mの直瀑はここでもぎっしーが行く!

 

f:id:toyama-rouzan:20190623091649j:plain

 新ルート開拓?いや、気温と水温が低くこれ以上濡れたくないとの事でした

 

f:id:toyama-rouzan:20190623094549j:plain

         トップロープが有れば初心者でも安心して登れます

 

f:id:toyama-rouzan:20190623100540j:plain

       水温がやけに低いと思ったら雪渓がまだ残っていた

 

f:id:toyama-rouzan:20190623104939j:plain

        直登沢に入ると斜瀑が連続して出てきます

 

f:id:toyama-rouzan:20190623105705j:plain

           7mの滝は左から簡単に巻ける

 

f:id:toyama-rouzan:20190623110502j:plain

f:id:toyama-rouzan:20190623132312j:plain

      上にもう一つ大滝が有り左から二つまとめて巻いた

 

f:id:toyama-rouzan:20190623145050j:plain

    過去の記憶とGPSのおかげで藪こぎ無しで稜線に出る事が出来た

 

f:id:toyama-rouzan:20190623150156j:plain

 

f:id:toyama-rouzan:20190625223853j:plain



沢上(そうれ)谷

★山行日

2019年6月22日(土)曇りのち晴れ

★メンバー

スキー講師Y田氏、みっちゃん(記録)

 

 ジメジメした梅雨空の毎日、先週会で企画していた沢上谷も雨天でお流れに。他の会企画とも予定が合わず、なかなか沢に行けない会員に気を使われたのか?スキー講師Y田氏から「明日高山市は午前中は天気よさそう。ちょっと行ってきませんか?」とのラブコールをいただいたのが前日の午後。ここはフットワークの良さが大事。「行きます」と即答。沢は2シーズン目、今年初沢のわたくしであります。気軽に声をかけていただけるというのは嬉しいことです(感謝)。

 

 予報通り沢上谷周辺は雨が降る気配なし。気温も高め。人気の沢登りスポットとあって県外ナンバーの車がいっぱい止まっていました。

 9時20分入渓。

f:id:toyama-rouzan:20190622091941j:plain

 この方信じられないくらい歩行早いんです。この後ろ姿見失わない!(気合だけ)

f:id:toyama-rouzan:20190622092734j:plain

 自然の作る造形美、ナメ床の沢です。そこをひたひた歩くことになります。

 f:id:toyama-rouzan:20190622093205j:plain

 巻き道もあるようですが。このくらいは直登で。f:id:toyama-rouzan:20190622094331j:plain

 もはや芸術の領域の造形美。一枚岩で形成された有名な「五郎七郎滝」です。モネの絵画を連想するような景色です。

f:id:toyama-rouzan:20190622094242j:plain

こんな感じで歩いていけます。OnThe造形美。

f:id:toyama-rouzan:20190622095945j:plain

 一旦下って本流へ。泳ぐのによさそうな釜を横切りました。まるで鬼教官のごとくハイスピードで歩かれるY田氏ですが、危険な所や気をつけるポイントはきちんと伝えてくださいます。ごちゃごちゃ言わずついて行くのみ!

f:id:toyama-rouzan:20190622103211j:plain

 絶壁からシャワーのように流れ落ちる「岩洞滝」。滝の後ろは空間です。わたくしこのような滝を見たのは初めてでした。感動…

f:id:toyama-rouzan:20190622110050j:plain

 大迫力の「箕谷大滝」。このあと滝を巻いて最上部に出ることになるのですが、なるべく滝口から離れて降りて行くようにとY田氏からのアドバイスがありました。

f:id:toyama-rouzan:20190622111123j:plain

 なかなかの急登を巻きます。

f:id:toyama-rouzan:20190622111731j:plain

 降りるのは懸垂下降でかと思いザイルは持ってきていたのですが。残置ロープが下がっていました。普通に懸垂で降りていけました。Y田氏はすーっとしなやかーに降りて行かれました。わたくしは落ち着いて慎重に。

 

 そして沢上谷といえば天然のウオータースライダー。先客の方にソリをお借りして滑ってみました。

  座位だとジェットコースターみたいですから。普段山でキャーなどという声の出ない(怖いと黙りこくるので)可愛くないわたくしも思わず叫んでしまいました。

 

 より面白そうなのを発見。

 落下するところは十分な深さがあります。体をぶつける心配はなしです。

 もう頭の先までずぶ濡れ。

 スキーのお上手なY田氏。さぞやスライダー滑りも…と思いやってみられるようお勧めしたのですが、あっさり断られました。お宝映像入手に失敗いたしました…。

f:id:toyama-rouzan:20190622115323j:plain

 ひととおり遊んだら帰りの林道を目指して癒しの沢を歩いていきます。

 

f:id:toyama-rouzan:20190622120111j:plain

 12時20分駐車場着。本当に今日はどうもありがとうございました☻

 この日は雨も降らず晴れ間もあり、沢にはいい日だったかと。危険なところも少なく半日でだいたいのところを回れるので、シーズン初めに体を慣らすのに良かったとも思います。美しい滝たちに癒され、マイナスイオンをいっぱい浴びて嫌なことも吹き飛びます。来年以降も沢シーズン初めに、できればお天気のいい時に訪れたいと思います。

 

 

 

雑穀谷(岩トレ)

★山行日

2019年6月10日(日)曇り

★メンバー

スキー講師Y田、沢やか?Y、しげっち、西武警察、ちこ、浪速の人、よっぴ~、

NOMO、まっきー、みっちゃん(記録)

 

 本日、午前中に県連の岩トレに参加、あいにくの梅雨空…かと思いきや雨は降ってこず、午後は雑穀にての岩トレに決定。今年初めてクライミングにチャレンジするのはわたくし含め3人。頼もしい講師陣のもと、にぎやかに行われました。

f:id:toyama-rouzan:20190609124655j:plain

f:id:toyama-rouzan:20190609130255j:plain

 練習用の壁とはいえ左側はなかなか手ごわいです。

f:id:toyama-rouzan:20190609125829j:plain

f:id:toyama-rouzan:20190609133143j:plain

f:id:toyama-rouzan:20190609125420j:plain

f:id:toyama-rouzan:20190609131259j:plain

f:id:toyama-rouzan:20190609131753j:plain

 まるでネコ科の生物のごとく登っていかれる先輩方。動きに無理がなくしなやかーですね。お見事!

f:id:toyama-rouzan:20190609133146j:plain

 クライミング初心者でも。きちんと指導を受ければこのとおり☻

f:id:toyama-rouzan:20190609140917j:plain

 あとちょっとなのですが。ここが手ごわいところです。先輩がんばってー。

f:id:toyama-rouzan:20190609124943j:plain

 登りだけでなくビレイの練習、懸垂下降の練習も出来て充実の内容でした。先生方ありがとうございました…

 

 岩トレを受けての感想としましては、まずザイルで確保されているので心理面で安心感があります。こんな壁をどうやって登るの?と始めは思いましたがクライミングシューズってすごい!ほんの小さな岩のでっぱりに魔法のように乗れます。練習用の壁とはいえどこをホールドにしてどこをスタンスにするか自分で考えて登る過程はなかなか楽しいですね。登り切った達成感も気持ちよかったです。思わず「もらった~‼」と口走ってしまいました(苦笑)

 技術のしっかりした方から指導を受ければ安心してチャレンジできますし。この爽快感、ちょっと癖になりそう。

白鳥山1287m(クリーンハイク)

★山行日

2019年6月2日(日)晴れ

★メンバー

スキー講師Y田、ピークハン長、ミスター、YSОK、ひかり号、浪速の人、NОМО、かがやき1号、よっぴ~、かおりん、みっちゃん、ゆっきー、まっきー、スーちゃん、AIちゃん、機関車

★コースタイム

坂田峠登山口8:45⇒シキ割りの水場9:36⇒白鳥山山頂10:53~11:46⇒鳥居杉12:10⇒山姥ノ洞登山口13:05⇒駐車場13:38

 

 

f:id:toyama-rouzan:20190602084544j:plain

 坂田峠登山口からいきなりの急登(金時坂)が続くが、新緑の中登山道もよく整備されており歩き易い

 

f:id:toyama-rouzan:20190602094133j:plain

シキ割りの水場に到着、歩き始めから1時間ほどで一休みするのには丁度良いところ

f:id:toyama-rouzan:20190602094350j:plain

f:id:toyama-rouzan:20190602094538j:plain

               谷沿いの登山道は雪の下

f:id:toyama-rouzan:20190602110302j:plain

        日当たりの良い所はカタクリがいっぱい咲いていた

f:id:toyama-rouzan:20190602110023j:plain

          被っているが犬が岳(手前)と朝日岳(奥)

f:id:toyama-rouzan:20190602110018j:plain

               山頂小屋が見えてきた

f:id:toyama-rouzan:20190602110643j:plain

            小屋の展望台は高度感バツグン

f:id:toyama-rouzan:20190602114421j:plain

       山頂はとっても賑やかだった(ハイ、私らのせいです)

f:id:toyama-rouzan:20190602121039j:plain

    下山は山姥ノ洞コースへ、鳥居杉の看板は今年も健在だった??

 

f:id:toyama-rouzan:20190602122404j:plain

    このコースの難所、滝上から落っこちたらただでは済まないですよ

f:id:toyama-rouzan:20190602130955j:plain

              山姥ノ洞登山口に到着

f:id:toyama-rouzan:20190602133806j:plain

             30分ほど林道を歩き駐車場へ

f:id:toyama-rouzan:20190602134059j:plain

     探せば有るもんです、食べられないですが収穫はありました

f:id:toyama-rouzan:20170620001441j:plain