大明神山(第二尾根)2082.6m

山行日
2009年4月5日(日)曇りのち晴れ
メンバー
富山のドクター、機関車

暖冬(寡雪)の影響で行きたい山が浮かんでこない。展望と滑りを楽しむならやっぱりこの山しかないと思い約1ヶ月ぶりに行ってきました。(以下箇条書き)

  • 片貝第二発電所のゲートは掛かったまま。
  • 自転車は二又の先300m位まで入れた。
  • 尾根の取付きは辛うじて雪が繋がっていた。
  • 下部の小さい沢はデブリがひどかった。
  • 1700m付近の急斜面は雪が適度に緩んでいたためシールで登れた。
  • 山頂のセッピがどれ程のものか以前から気になっていたので、
  • 第一尾根に少し下りてセッピの状況を確認。
  • 山頂では無風快晴だったので、のんびりとランチタイム。
  • 降りはゆるゆるの重い雪だったので慎重に滑った。


雪が無いのに相変らずゲートが


左の杉林が取付きの尾根     下部の枝沢はデブリだらけ


1700m付近の急斜面はシールで登れた


山頂から第一尾根に降りてみる    セッピの状況を確認