立山BC⛷山崎カール〜弥陀ヶ原

 

 

★山行日

2021年5月8日(土)晴れ☀︎

★メンバー(敬称略)

スキー講師Y田、コボちゃん、R・N、みっちゃん(記録)

★コースタイム

8:20立山駅発⇨9:40室堂⇨10:40一ノ越⇨11:50〜12:20雄山⇨12:30山崎カール⇨14:10〜14:20国見岳⇨15:30弥陀ヶ原⇨16:30立山駅着

 

 GWも明け、比較的積雪に恵まれた今山スキーシーズンも、そろそろ終わりを迎える頃となりました。会員で、まだこの後も滑りに行く方もいらっしゃるかとですが、"名残りを惜しんで"ファイナルイベントの一つとして、アルペンルートを利用して立山⛷に。

 立山日本三大霊山の一つ、神々が宿る山、今回は雄山山頂神社⛩に詣でて直下の山崎カールを滑るコース。かなりの急斜面、事前情報で上部はアイスバーンとのことでした。記録者は初チャレンジでしたが快晴☀︎の立山阿弥陀如来に守って頂けたのか?5体満足で充実した1dayを過ごすことができました。

f:id:toyama-rouzan:20210511022840j:image

ケーブルカー、高原バスを利用して標高2450mの室堂へ。車窓から見た"雪の大谷"。この時高さ13m。

f:id:toyama-rouzan:20210511024355j:image

室堂。快晴☀︎サングラス必須。

f:id:toyama-rouzan:20210511024819j:image

一ノ越まではシール歩行。

f:id:toyama-rouzan:20210511024957j:image

f:id:toyama-rouzan:20210511025118j:image

一ノ越まで来ると、なかなかの強風。足元の雪も凍ってました。シートラ、アイゼンにて雄山山頂へ。

f:id:toyama-rouzan:20210511025548j:image

経験値の浅い記録者は不慣れな岩場のシートラ、アイゼン登攀&強風で遅れをとりましたが。体力◎の御三方はサクサク登られ山頂で余裕のご様子。

f:id:toyama-rouzan:20210511030217j:image

登拝。阿弥陀如来を敬い、山を敬い…会の若手。

f:id:toyama-rouzan:20210511031810j:image

雄山山頂からアイゼンにてドロップポイントへ。

f:id:toyama-rouzan:20210511062535j:image

立山のふり置ける雪を常夏に 見れども飽かず神からならし」(大伴家持万葉集より)

万葉の歌人も絶賛した雪の立山の神々しいロケーション。

 

山崎カールからの滑走は動画含むムービー📽にまとめて最後に添付いたしましたので、そちらをご参照頂ければ。

 

上部は急斜面、アイスバーン、転べば最後、下までサヨナラ👋かな?浄土への入り口になってしまうのかな?斜面を見た時の記録者の感想です。経験豊富なメンバーの方々と同じとはいきませんが。女は度胸!!!でとりあえずその場を何とか致しました。

f:id:toyama-rouzan:20210512040140j:image

アドレナリン噴出中の記録者。…絶対に転んではいけない…一つのミスも許されない…(汗)

f:id:toyama-rouzan:20210512040453j:image

ロケーションは最高ですが。

f:id:toyama-rouzan:20210511043127j:image

中間部まで来ると雪は緩んで、快適な斜面に。

f:id:toyama-rouzan:20210511120954j:image

山崎カール中間地点あたり。有名な「ローソク岩」。

f:id:toyama-rouzan:20210511041855j:image

広大な雪原を通って国見岳へ。

f:id:toyama-rouzan:20210511043150j:image

f:id:toyama-rouzan:20210511042323j:image

国見岳にて。右方は剱岳。見る方向によってまた違う顔をのぞかせてます。

f:id:toyama-rouzan:20210511043235j:image

国見岳からのNICEロケーション。聞くところによると、この辺りの山々は急速に崩落が進んでいるとか…。

f:id:toyama-rouzan:20210511043830j:image

ゆっくりしたいのはやまやまですが。帰りのバスの最終便に間に合わなくなってはいけないので、名残りを惜しみつつ弥陀ヶ原へ。

f:id:toyama-rouzan:20210511044929j:image

f:id:toyama-rouzan:20210511044337j:image

弥陀ヶ原までは大部分が斜面のトラバース。ちょっとアトラクション的なところも。怖いような面白いような。

f:id:toyama-rouzan:20210511044546j:image

天狗山のあたり。急斜面の下を通るので雪崩れリスクが。一人ずつ通過。

f:id:toyama-rouzan:20210511045512j:image

あとは弥陀ヶ原バス乗り場まで樹林帯の中を滑って。雪の状態も良く、シーズン締めに春らしいスキーも楽しむことができました。

 

今回初立山BCだった記録者の感想として。来シーズンはまた違うルートも滑ってみたい…毎年訪れたいところだなと思いました。余裕があれば泊まりで訪れて立山を遊び尽くしたいなとも。もちろん登拝して、立山の神々を敬う気持ちを忘れずに…です。

※山崎カールの滑走動画含むムービー📽を作成しました。4分20秒ほどのムービーです。お時間のある時にご覧頂ければと思います。