錫杖岳 左方カンテ 

★山行日

2020年10月3(土)曇り

★メンバー

スキー講師Y、しげっち、ちこ

 ★コースタイム
 槍見温泉登山口 5:45⇒錫杖沢出合 7:00⇒左方カンテ取りつき 7:30⇒1ピッチ目スタート8:30⇒6ピッチ目終了 12:50⇒懸垂下降開始 13:15⇒懸垂終了 14:00⇒左方カンテ取りつき 14:30⇒槍見温泉登山口 16:15

<左方カンテ>
1P(ルンゼ【Ⅲ】40m) → 2P(ルンゼ【Ⅳ】40m) → 3P(ピナクル頭からスラブ状フェース【Ⅴ】30m) → (バンド状【Ⅱ】20mここはコンテで歩き) →4Pチムニー【Ⅳ+】30m) → 5P(チムニー左のフェース【Ⅳ】 40m) → 6P(かぶった凹角大チムニークラックの走ったフェース【Ⅴ+】40m) →  登攀終了 

 

Y会長は10年ぶり、しげっち先輩は2週間ぶり、ちこは1ヶ月半ぶりの左方カンテ。

3人パーティーで登るのは初めてで、途中リード交代するのでうまくいくのか不安もありましたが、なんとかなりました。

この時期の錫杖は混雑しているため、駐車場もテントも満員でした。

人気の左方カンテは1番乗りでしたが、私たちのパーティーは3人だと時間がかかるだろうと思ったので、後から来た長野のパーティーに先を譲りました(譲っといて良かった)。

3人で登るときのロープさばきを事前に確認せずに行ったのは反省点でしたが、ピッチを重ねるにつれて修正しながら実践できたのは良かったです。

余談ですが、1ピッチ目終了点から隣の黄道光を登攀するパーティーの登りをしげっち先輩のビレイそっちのけで見惚れてしまいました。かっこよかった。。。

※ちゃんとビレイしていました。

5ピッチ目の取り付きで、後続のパーティーに追いつかれたのですが、トップの女性は一緒に源次郎の成城大を登ったMちゃんで、びっくりΣ(゚Д゚)。

6ピッチ目のスタート時点で時間(12時)と後続の混み具合と、注文の多い料理店を登るパーティーとの懸垂兼ね合い等々で6ピッチ終了で懸垂することにしました。

懸垂は6ピッチ終了点から注文のルート方向に降ります。

私は懸垂が一番緊張しますが、3回の懸垂で無事にロープトラブルもなく降りることができました。

混んでいる時は他のパーティーとお互い思いやって譲り合って助け合って登るんだなあとあらためて思いました。

去年くらいからしげっち先輩に「クライミングする会員を増やしたい」と言い続けていたのですが、会の方々と錫杖に来ることができて、本当に嬉しかったです。

富山労山では定期的に岩トレを開催したり、ジムで集まって(少ないのでメンバー募集中)登ったりもしていますので、興味あるかたは是非☆

Y会長、しげっち先輩ありがとうございました。

f:id:toyama-rouzan:20201005062636j:plain

 

 

 

 

f:id:toyama-rouzan:20201005062644j:plain

f:id:toyama-rouzan:20201005062653j:plain

f:id:toyama-rouzan:20201005062657j:plain

f:id:toyama-rouzan:20201005062640j:plain