白馬乗鞍沢(姫川水系)

★山行日

2020年8月2日(日)晴れ☀

★メンバー

ひかり号氏(L)、スキー講師Y田氏(SL)、ジョー氏、キョン様(会員外)、みっちゃん(記録)

★コースタイム

入渓7:30⇒白馬大池12:30(休憩60分)⇒白馬大池山荘12:40(トイレ休憩10分)⇒天狗の庭14:35⇒蓮華温泉15:40

 

 ようやく長かった梅雨が明け、待望の”夏”がやってきました。照り付ける太陽☀テンションがあがります。こうなると沢登りスピリッツに火がつくのですが…このタイミングで当会の”沢博士”?ひかり号氏が沢登りの計画を挙げられました。行き先は姫川水系白馬乗鞍沢”。蓮華温泉から沢を詰めてお花が咲き乱れる白馬大池に出るというなかなか創造性をかきたてられるルートです。メンバーのうちわたくしを含む3名にとっては今シーズンの沢オープニング企画。沢登りの醍醐味手つかずの自然を堪能する目的と涼を求めて…。

 f:id:toyama-rouzan:20200802072835j:plain

 快晴のこの日、蓮華温泉の駐車場は満車。なんとか空きスペースに駐車できました。車道をすこし歩いた橋の脇が入渓地点です。 

f:id:toyama-rouzan:20200802072848j:plain

 なかなかの急斜面。ずりずり滑り降りて入渓。  

f:id:toyama-rouzan:20200802073503j:plain

 下部連爆帯に突入。

f:id:toyama-rouzan:20200802081859j:plain

 水量は多めだったかもしれません。

f:id:toyama-rouzan:20200802081937j:plain

 リーダー・ひかり号氏は県外のいろんな沢をご存じですが。以外なことにこの白馬乗鞍沢は初めてとのこと。じっくりルートファインディングを。ちなみにサブリーダーは

今回唯一のルート経験者だったのですが。一切口を挟まず見守っていらっしゃいました。さすがの貫禄。スキー講師Y田氏流の教育方針。f:id:toyama-rouzan:20200808010042j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200807015221j:plain

  小滝の脇をどんどん登っていきます。 f:id:toyama-rouzan:20200807015455j:plain

 標高が高いですし。水は冷たいです。頭が(`・ω・´)シャキーンとします。f:id:toyama-rouzan:20200808010139j:plain

 ここは各自で自分に合ったルートファインディングを。滝の脇をへつるか草付きをよじ登るか…。

f:id:toyama-rouzan:20200802083707j:plain

 言わずと知れた高身体能力のサブリーダー。あいかわらず猫のようなしなやな動き。

 

 1720mの二又を左へ。一気に沢が狭まります。

 f:id:toyama-rouzan:20200802083800j:plain

  ジョー氏は今年沢登りを始められたのですが。運動神経の良さゆえか?初心者とはいえないです。このあと難しいへつりも難なくこなされました。

f:id:toyama-rouzan:20200802084745j:plain f:id:toyama-rouzan:20200802085308j:plain

 今回、会員外でご参加のキョン様。わたくしは去年赤木沢企画でお世話になりましたが体力、人柄、実力値、安心してついて行ける方です。 f:id:toyama-rouzan:20200802091111j:plain

 ちょっと休憩。距離が長く、なかなか体力が必要ですので。休憩でしっかりエネルギーチャージ。

f:id:toyama-rouzan:20200802121721j:plain

 沢を登る途中でも結構お花が咲いてました。

f:id:toyama-rouzan:20200802095055j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200802091638j:plain


f:id:toyama-rouzan:20200807024212j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200802105530j:plain

  上部連爆帯。

f:id:toyama-rouzan:20200807025856j:plain

 一か所滝を潜るシャワークライミングで突破するところが。なかなかの水圧でした。”滝行”で全員ずぶぬれに。

f:id:toyama-rouzan:20200802110733j:plain

 階段状の滝。自然が織りなす造形美…。心地よく高度を上げていけます。

f:id:toyama-rouzan:20200807031721j:plain
滝が枯れたら予想に反して雪渓が。アイゼンが必要とまではいきませんが急斜面なので滑れば下までサヨナラーになりそう。慎重に…。f:id:toyama-rouzan:20200808010310j:plain

 雪渓がなくなったらガレ場をひたすら登り…。

f:id:toyama-rouzan:20200802122016j:plain

 気持ちのいい草原歩き☻f:id:toyama-rouzan:20200802123716j:plain

 北アルプスらしい景色。お花がたくさん咲いていました。f:id:toyama-rouzan:20200808010436j:plain

 結構な藪漕ぎ。その先に…。f:id:toyama-rouzan:20200808010518j:plain

 ゴールの白馬大池。少しガスはかかっていましたがくっきりと景観を見渡せました。

f:id:toyama-rouzan:20200808010555j:plain

 透明な水を湛えて静かに横たわる白馬大池を前に佇むリーダー。さすが”沢博士”インテリジェンス感溢れる後ろ姿で…。f:id:toyama-rouzan:20200808010655j:plain

 せっかくの美しい景色ですので会話を楽しみながらゆっくり休憩を。ここで白馬大池をバックに記念撮影。

 このあとキョン様にも撮影に加わって頂いたのですが、ご尊顔をお見せする訳にはいきませんのでご容赦頂いて。f:id:toyama-rouzan:20200807035832j:plain

 帰りは登山道で。白馬大池山荘に立ち寄りました。テントがいくつか。

f:id:toyama-rouzan:20200802154344j:plain

 蓮華温泉駐車場にゴール。頬にあたる風が心地よかったです。

 

 今回の白馬乗鞍沢、初心者向けとはいえ(確かにザイルが必要な岩登りはなかったです。ガチャ類は一応着けていましたが)、バリエーションに富んだなかなか体力、現地適応力の必要なルートだったかと。地形も変化に富んでいて冒険心を掻き立てられました。人が踏み入ってない原生の自然の中には未知なる冒険が沢山隠されています。童心に帰って心もスッキリ。これだから沢登りはやめられませんね(^o^)✌