金剛堂山(片折岳まで)

金剛堂山(会山行)

★山行日

2020年2月9日(日)曇り

★メンバー

スキー講師Y田、tada♂、アラさん、K社長、ピークハン長、しげっち、YОSK、かがやき1号、富山の名人、tada♀、よっぴ~、スーちゃん、マリンちゃん、まっきー、リバティ、けいてぃ、ミワさん、機関車   【スキー6名、ハイク12名】

★コースタイム

利賀スキー場駐車場出発 7:45 -尾根取りつき(標高770m) 7:50-登山道合流(標高995m) 9:30-1346ピーク 11:43~12:40- 利賀スキー場駐車場 14:35

 

f:id:toyama-rouzan:20200209211143j:plain

       今回は会山行の為スキーとハイクの混成チーム

 

f:id:toyama-rouzan:20200209211051j:plain

ハイク組は尾根の取り付きでいきなり胸ラッセル!早々にこの時点で登頂を断念!?

幸いスキー隊がいてくれたので、そのトレースを追い膝ラッセルで済んだ

 

 

f:id:toyama-rouzan:20200209105825j:plain

尾根上に乗るまではとにかく藪藪、歩く分には支障はないがスキー隊の下りでは地獄を見るだろう

 

f:id:toyama-rouzan:20200209112533j:plain

    標高1200m付近では藪も治まりブナの大木も見受けられ気持ちが良い♪

 

f:id:toyama-rouzan:20200209120028j:plain

      お昼も近くなったので予定通り?片折岳で行動を終了

 

f:id:toyama-rouzan:20200209211109j:plain

ずっと曇りがちでここでの気温は-10℃だったが、時折り日が差すと凄く温かかった

 

f:id:toyama-rouzan:20200209120615j:plain

雪崩講師のしげっち氏が居ない!? 隣の斜面で弱層テストCT(シャベルコンプレションテスト)を行っていたそうです。すいませんでした。

 せっかくなんで結果を言いますと、---------------------------

 「吹き溜まり、急傾斜は留意。雪崩が起きても点発生

 標高1346mピーク 北斜面 斜度 20°
 CT(シャベルコンプレションテスト)結果
  CTM14(PC)down30cm 。吹き溜まり、急傾斜は留意。
 エクステンディッドコラムテスト結果
  ECTN#16 *破壊は伝播しない。

 

f:id:toyama-rouzan:20200209131913j:plain

        しげっち氏の滑り ここは藪も無く快適な斜面だった

 

f:id:toyama-rouzan:20200209131945j:plain

           1000mから下の斜面は正しく藪地獄!

 

f:id:toyama-rouzan:20200209141219j:plain

  降りはハイク組の圧倒的な勝利!?でもスキー隊は良い仕事をしてくれました♪

 


尻セード#1


尻セード#2

f:id:toyama-rouzan:20200210213955j:plain