北陸地方雪崩講習会 机上

★実施日
2018年12月09日(日) 9:00〜16:00
 9:00〜11:00 地形・気象・植生・雪質について [富山大学 雪氷学 島田先生]
11:00〜16:00 基礎コース、雪山登山コース、バックカントリーコース、コンパニオンレスキューコースの各々に分かれて、講習。
★メンバー
 当会からの参加者(基礎コース) ゆっき,みっちゃん + 講師スタップ(バックカントリーコース) しげっち

★内容
北陸地方雪崩講習回は、福井、石川、富山、新潟の4県にて労山のポランティアスタップにより成り立ち、今シーズンで第22回目となる。その年々により、参加人数は多くなったり、少なくなったりを繰り返しているが、今年は全コースで26名と低調な部類である。
今年は暖冬らしいので、雪山に入る人の意識が雪崩にたいして危険意識が薄いのか??などと考えてしまう。
さて、講習の方は、富山大学の雪氷学の島田先生を講師に「地形・気象・植生・雪質について」を講義して頂いた。島田先生自身も趣味がテレマークスキーヤーということで自身の体験談と事故事例をアニメーション付きのパワーポイントで判りやすく説明。自分の場合だったらどのような行動判断していたかを考える良い機会となった。
次回の実技は、来年の1月26~27日。申し込みはもう締切っているが、自身の身を守るのは自分自身であり、バックカントリーに入る人は是非、毎年 受けてほしいものである。