成谷

★山行日
2018年7月15日(日)猛暑/沢日和
★メンバー
沢ヤか?Y(L)、K社長、YSОK、みっちゃん、機関車


今回は新人さんの沢訓練も兼ねて成谷に行ってきました。
初級の沢と言う事でしたが、大滝(10m)での高巻きや不安定なガレ石が多く慎重に遡行。
この大滝(標高1030m位)までは急傾斜で浮石も多く不安定な状態。大滝の高巻き以降は渓相がガラリと変わり穏やかな流れで癒し系の沢歩き。思っていたより登れる小滝が多く有り楽しむ事が出来ました。
こんな低山でも連日の暑さを忘れさせてくれるのが沢登りの良いところですよね。




片貝川の対岸には成谷の堰堤群がずらり  先ずは本流をスクラムを組んで渡渉

藪こぎ覚悟の堰堤群は簡単に越えられた  直ぐに小滝の連続登攀

新人さんに熱血指導をするY氏      途中、流木や瓦礫の散乱で荒れた所も有った           

                    後ろを振り返ると見えたのは大倉山だろうか

10m大滝の前で この後右岸から高巻き開始

高巻きでは30mザイルを延ばして2ピッチ、滝上へは懸垂下降で下りた

沢登りに欠かせないもの、それは輝く太陽と滝と・・・魔女!?(こればっか)

もう全身浸かるのも懲りたかな?

万が一ビバークした時にはこれを餌に! あんたやっぱり魔女だわ〜

何とか自力で突破を試みるが・・・さっさと先を急ぎましょうと強引に引き上げられてしまう      

トイ状の滝               終盤の難所、しかしY氏は軽くクリア

詰めの支沢にはシュリンゲが結んであった 藪こぎ無しで登山道に出た(登山道側から撮影)

登山道に出てから僅か1分で伊折山へ   下山途中に見えた毛勝山方面