立山 雷鳥沢・山崎カール

★山行日
2017年5月20(土)〜21日(日)

★メンバー
タケちゃん、全好調(記)、MC(会員外)

★コースタイム
1日目
11:00雷鳥荘ー14:00剣御前小屋ー雷鳥沢滑走ー16:30雷鳥荘(宿泊)
2日目
9:00雷鳥荘ー12:00ローソク岩ー13:30雷鳥荘ー14:30室堂ターミナル

★コメント
今年の4月に転勤で東京に引っ越したタケちゃんと前回の白馬乗鞍岳でご一緒したMCさんの3人で立山へ行ってきました。
GWの時期は立山駅でのチケット購入待ちが2時間、駐車場は満車の大盛況と言うことで、当日全好調は家を4時に出発して駐車場に5時に到着しましたが、
駐車場は空き多数、行列無しで複雑な気持ちになりました。
タケちゃんとMCさんは扇沢からのアプローチなので室堂集合。
集合時間が少し遅くなったので1日目は雷鳥荘から近い雷鳥沢の滑走に変更しました。
下界では30度近い気温の日で立山でも快晴で無風、天気が良すぎて暑い!!
大汗をかきながら剱御前小屋へ到着、一先ず小屋でコーラを購入し一気飲み。最高です。
しばし絶景を楽しんだ後、雷鳥沢を滑走!予想していたより板が走る良いコンディションの雪でかなり楽しめました。
雷鳥沢キャンプ場から宿までの登り返しは後に控えるビールの事だけを考え黙々と登り続けました。
宿に到着しビールと温泉と夕食と星空を堪能して就寝。
翌日も朝から快晴で風が温い。
2日目は雄山山頂直下のローソク岩を目指します。
ローソク岩まではほぼ直登で斜度もそこそこ、スノーシューで登るMCさんは苦戦模様。
ここで優しさを発揮した全好調はMCさんのためにステップを作ることに、これでかなり体力を消耗したのは言うまでもないが男として得る物はあった気がする。無事ローソク岩に到着しお待ちかねの滑走へ入る。広大な山崎カールを目の前にして滑りへの期待が高まります。
前日同様よく走るコンディションに快適な斜度と地形で満足のいく滑走ができました。
2日間天気と雪に恵まれ素晴らしい山行となりました。ありがとうございました!!