日本国山(555m)

★山行日
2017年 5月 4日(木)晴れ

★メンバー:4人
 ミスター,ピークハン長,オギ社長,しげっち(記)

★コースタイム
 10:30 小俣登山口- 11:30-11:50 日本国山山頂 555m -12:30 小俣登山口

★コメント
鳥海山&月山へ山スキーに東北方面に遠征するも1日目は、移動時間だけでは持て余すので、新潟県村上市山形県鶴岡市の堺にある山「日本国山555m」を登ることにした。この山の標高555mにちなみ毎年5月5日は、「日本国征服ハイキング」なる山開きが開催されており、たまたま山開き前日の訪問となった。
 小俣登山口からの植林された杉林を抜けると急峻な尾根に辿りつく。尾根の下部にはラジウム清水の水場があり、ここでおいしい水をいただく。尾根の東斜面は杉林、西斜面は、ブナ林が広がる。ブナ林の新葉に光があたり、ステンドグラスのように輝いている。登山道は整備されており危険な個所はない。しばらくすると蛇逃峠につく。屋根付きの休憩所があり、ここから平沢集落の眺めが一望できる。一息つきここから日本国山の南東尾根づたいに登る。西側が切り立っており、滑落防止としての柵が施してある。山頂には、展望台と休憩小屋がある。日本国山の名前の由来(説)についての記述がある。展望台は高さ3mほどだが、登ってみても周りの樹林帯を越えるわけではなく、3mの差は感じられない。ケビンのチェックインの時間が迫っているので早々に下山した。

★写真
 山頂展望台

 ルート図

南由利原青少年旅行村         .    寄せ鍋