大明神山(2082,6m)

★山行日
2015年3月8日(日)曇りのち晴れ
★メンバー
Wellpine、沢ヤか?Y、かがやき1号、オギ社長、機関車
★コースタイム
片貝第二発電所発4:51⇒第二尾根取付き7:08⇒尾根上1050m8:33⇒1700mの核心部10:57⇒大明神山山頂12:30〜13:25⇒第二尾根取付き14:50⇒片貝第二発電所着16:15


 
3mは有る防護壁がほとんど埋まっていた  小沢橋の積雪もかなりの量
 
何時もの谷から取付いた 積雪は十分   標高800mからガスの中に
 
1700mの核心部はシールで登る事ができた 稜線に出ると絶妙のタイミングでガスが引いた
 
周辺のガスも見る見る引いて、思いもよらぬ景色に歓喜の声が上がった
 
 
ここから見る剣もなかなか良い      大明神山のシンボルでも有る岩壁
 
島の様に見える僧ヶ岳(左)と駒ケ岳(右)  山頂が見えた!もう苦しい登りは無い
 
毛勝三山をバックに           シャツ1枚でも暑いくらいだった
 
雲海に向けてgo!
 
名残惜しいがこれで見納め、来年また来るからね!
 
核心部の急斜面も新雪が残っていたので滑りやすかった
 [
暫らくするとまたガスの中に入った    谷の急斜面は一気に降った
 
15時前には林道に降りて来る事ができた  林道は1箇所だけ雪切れがあった

無事終了、お疲れ様でした