ジャンダルム・飛騨尾根 (敗退)

メンバ:コバ隊長、西部警察隊員、ボーダーT隊員
ルート:新穂高穂高平〜白出沢 (往復)
コメント:
リベンジで、この連休は、穂高・ジャンダルム・飛騨尾根 
へ行く予定で、本日順調にスタート。
登山届を出すところで、東京に転勤になったため辞めた山岳会の元会員のかみっちょに偶然会った。東京の山岳会で山は続けているとのことだった。久しぶりにあいさつを交わし、届を出してスタート。
重いザックを背負って、順調に進み、白出沢出合から30分ほど進んだところで、
「どどどどー」という音とともに地震
があった。
すぐに次の地震があり、立ち止まっていたところ、また地震
さて、その場でどうするか話し合った。
それほど強い地震ではないが、外で生の地震を感じたのは生まれて初めて。
けっこう怖い。大地が揺れるとはこういう感じ。テンション急降下。
我々が行くルートは、雪も岩も不安定が多い。これじゃ危ないし、弱い余震が続くため、止めることにした。
戻り始めてまた大きめの地震があり。やめて正解と決定づけられた。
戻る林道には落石が多数、戻り中も余震有り。県警のヘリが飛んでいた。
ロープウエイももちろん運転見合わせ中だった。
下山届を出すと、
「ヘリで偵察したが、雪にクラックが入ってるところがあった」
「先日は降雪があり、頂上付近は30〜40センチの積雪があったばかり」とのことでした。
がっかりでした。

後で調べたら、
地震状況(最大震度3以上:気象庁発表)
 15:27 震度3 M4.5(長野県中部:北緯36.2度、東経137.6度 深さは
           ごく浅い)
 11:33 震度3 M3.2
 11:23 震度3 M3.4(深さ約10km)
 11:20 震度3 M3.6
 10:45 震度3 M3.4
 10:08 震度3 M3.4
 10:02 震度3 M4.3

・このほか震度2が6回、震度1が12回