奥大日岳(2606m)ダイレクト尾根

★山行日
2012年4月28日(日)曇りのち晴れ
★メンバー
沢ヤか?Y、機関車
★コースタイム
小又川出合4:56⇒コット谷出合6:42⇒大日山谷出合8:16⇒ダイレクト尾根取付き9:22⇒奥大日岳14:12〜14:35⇒小又川出合17:46


 
堰堤越えは問題なく通過(左,右岸1回づつ) 懸念していた渡渉(1回)も問題なくクリアしコット谷出合へ
 
小又川方面は斜面も綺麗で荒れた様子は無い サンハリ谷を過ぎた辺りから新雪が増えだした
 
大日山谷出合(正面は中大日方面)     左に折れカスミ谷に入る
 
カスミ大滝付近も完全に埋まっている   急な浅い谷から尾根に上がる
 
尾根上は急斜面も出てくるがシールでOK 段々視界が開けてくる(2200m付近)
 
斜面によって雪質の変化が激しく苦労する 漸く山頂方面を捉える
 
富山平野も見えるようになって来た    山頂直下の苦しい登り
 
9時間を越える厳しい登りだった     例年以上にセッピが発達していた
 
大日岳方面               メインの剣が・・・
 
                    雪の状態が悪い為大人しく尾根を戻る
 
山頂直下の斜面も中々スリルがあった   標高2300m付近から谷を滑った
 
季節外れの新雪滑降が楽しめた
 
沢ヤかさんの滑り            この辺り何処を滑っても楽しかった
 
滑ってきた谷を振り返る         カスミ谷に合流しても綺麗な斜面が続いた
 
日中のデブリで数箇所トレースを消された 帰りの林道は落石の巣だった