冬山登山 唐松岳へ

日      : 2012年12月15(土)〜16(日)
メンバー   : コバ隊長・Y隊長・峰不二子
コメント 
 15日は仕事都合により午後に富山発というスケジュール。なので、峰不二子は朝から栂池でYスキー講師による講習に参加し、15:00に栂池で拾っていただき合流。八方ゴンドラに乗りテント場へ向かった。
 テントのご馳走はビーフシチュー!もちろん食事係の峰の万全の準備で即効出来上がりです。うまし!スープスパもうまし!満足。酒と食事は良いのだが、とてつもない強風。テント内も風に押されて頭と体がきつい。ト○レもきついですー・・・明日は4:00起床。よもやま話も終了し、早めに就寝。夜中もテントの底から持ち上げられるような強風。寝ながらもテントが飛ばされた際の対策を頭の中であれこれ考る。
 朝4:00テントは無事。Y隊長も「こんな強風今までになかったなー」とつぶやく。天気予報で午後は晴れ。行くぞ!出だしはモナカの為、わかん装着。山荘からはアイゼン装着。暫くでかすかにあったトレースも無くなる。景色は下に雲海。空は雲と青空。強風は日の出の後も収まらず、それどころか時間と共にますます強くなる。八方池のケルンで一服の後スタートをしようとしたが4歩出て動けず。アックスを突き刺しアイゼンをがっちり効かせて踏ん張り暫し風に耐えるが・・・後ろのコバ隊長が戻れのゼスチャー。様子を見て風の弱い波を掴んでチャンス。再度スタート。アイスバーンはアイゼンが効く。ラッセル箇所は膝くらいの深さ。なんとしてもピークに立ちたい峰も、ひぱって疲れたコバ隊長とY隊長に変わりラッセル。途中何度も撤退を考えるコバ隊長に「行くよ」と峰。だが、丸山の直下2361Mで先行く峰が後ろを確認すると二人が歩き出さない。戻ると撤退のリーダー判断。時間は10:30。リベンジにかけましょう。
 下山も強風に気を引き締める。風をよける樹林も斜面も無く、女性はト○レで凍傷になるかと思いましたー!(踏んで作った穴が小さかったか・・)時間は昼に近づき、ガスが消え強風は変わらないが予報通り晴れてくる。踏めなかった丸山のケルンが見える。ピーク付近の雲が早く流れ、不帰キレットのA・Bと見えてくる。遠見尾根・五竜鹿島槍も見え出した。「もったいなかったじゃー」とコバ隊長つぶやく。再び強風に息を詰めて下山。一歩一歩アイゼンをフラットに踏みしめ、アックスで風に耐えて進む。強風ポイントの八方池上部のアイスバーンで峰がアックス制動で停止の危機回避がありつつも、テントに到着。時間は13:00くらい。
 スキー場からは雲海の中で濃いガス。リフトとゴンドラを使いパーキング着。まだ時間は13:50。
 みみずくの湯でさっぱり&蕎麦を食してのんびり。小谷道の駅でなんとスキーチームと遭遇!!彼らも早々に引き上げてきたそうだ。
 今回は風速20〜30メートルの中、充実の雪訓が出来ました。わかんラッセルでもっとチームを引っ張れるようになる事&滑落停止訓練がもっと必要なこと。課題が出来て、山への希望に向かって更に頑張ります!コバ隊長、Y隊長 よろしくお願いします!