濁河アイスクライミングPART2

☆日    2012年3月11日
☆場所   下呂市小坂町濁河温泉ハモズシ
☆メンバー コバ隊長 ボーダーT 峰不二子

 善五郎の滝へ!と勇んで出かけたものの・・・到着してみれば、この高い気温。氷があるだろうか??と懸念していたとおり、滝の左から中央にかけてすでに滝そのもの。かろうじて残っている右部分も氷の裏は水が流れ落ちている。来年の楽しみとしてあきらめ、場所移動。
 先日行った濁河ハモズシへ行くことにしました。コバ隊長は「いくがかー?」とテンションダウン。「行きましょー!」と中古アックスを1本手に入れたボーダーTはやる気十分。峰不二子は当然いつもやる気十分!というわけで、富山を出てから、良いお天気の中、完全にドライブ気分でかれこれ6時間もかけて濁河に到着。
即効クライミング開始。
まずは、前回の濁河の時同様、橋の右より降りて木にトップロープをかけ懸垂下降。
2本登って、次は川を2Mほど渡渉して別のエリアへ。ここでリードの練習。アックスで体を支えながら片手でアイススクリューを回しいれる。コバ隊長・ボーダーT 悪戦苦闘。左腕がパンプです。
こちらも2本登って、本日終了。16:30。いろいろありましたが アイスクライミング出来て良かった良かった。