火打山ツアー

【日付】2010年3月27(土)〜28(日)
【山域】三田原山火打山〜黒菱山〜日曹第三発電所
【メンバー】ヤスさん、マツさん、アキオさん、ボーダーTさん、期待のNewFace Nさん、スキーヤー
【天気】初日:晴れ後雪、2日目:曇り時々晴れ
【コースタイム】



今日も三田原山は晴れ!でも強風。山頂から黒沢池めがけて滑り込む。

黒沢岳と茶臼山。さて、どこから登るのが安全?今日は皆真剣です。

雪が降り出して高谷池ヒュッテ到着。3階の窓から出入りします。とても綺麗でお布団も長靴もあり、貸切で快適でした。

高曇りの中、火打山目指して出発。風も無く意外と穏やか。しかし、火打山の山頂斜面は氷色。クトーも歯が立たないし・・・パス。登って足跡残しておいたら、ドクターは悔しがってくれたかな?

火打の肩から黒菱山方面へトラバース。所々カリッカリ!雪庇が続く尾根から振り向く。ボーダーさん大変そう。

黒菱山へ。東側は雪庇があるので少し戻って手前から乗越す。黒菱山北面はパウダーで快適な滑り。

この雪庇はどこから下りる?雪崩の緊張から開放されて、ハンノキ平でひと休み。

黒菱川へ滑り込み、尾根へ登り返し。尾根からは、先週下見に来たアキオさんがガイド。

貯水タンクの左側を巻いて、配管の横を下りて行く。一見快適そうな斜面ですが、実はモナカで、もうボロボロ・・・

ようやく発電所に到着。吊り橋は真中だけ板がある。高所恐怖症の人には不向き。もうひとふん張り登り返して、最後は長い林道をひたすら漕いで車まで。

登って滑って歩いて滑ってまた登って・・・お疲れ様でした。山スキーらしい変化に富んだ長いルートでした。重荷とモカナが大変だったけど、達成感のある楽しいツアーでした。