白馬乗鞍岳

  • 2008年12月13日
  • スキーヤーKさん(L)、アキオさん、勝さんと村さん(会員外)、テレマーカーM(記)
  • 魚津7:00 ⇒ 栂池スキー場8:30 ⇒ 栂の森9:30 ⇒ 成城大小屋10:30 ⇒ 天狗原12:00 ⇒ 白馬乗鞍岳13:00 ⇒ 成城大小屋14:30 ⇒ 栂の森15:30 ⇒ 魚津19:00

初滑りに白馬乗鞍岳に行った。
素晴らしい天気に恵まれたが、雪が重く積雪量も少ないので帰りの苦戦が予想される。
雪が少ないせいか斜面がゆるく感じて、天狗原まではいつもより楽だ。相変わらず天狗原は風が強く長居はしていられない。

白馬乗鞍への斜面には10人弱が登っているのが見える。高度を上げるにしたがって雪面が硬くなる。真っ直ぐ登りたいがスリップすると随分下まで滑り落ちそうだから、斜めに斜面をトラバースしながら上を目指す。ずっと同じ方向の肩斜面を歩いていると足が痛くなる。後で考えたら斜面の底をそのままコルまで登り、そこから引き返すように頂上を目指すべきであった。今度来た時は、そうしよう。
なだらかな白馬乗鞍岳はどこが頂上だか分からないので、適当な場所でフィニッシュとする。風がとにかく強いので、集合写真を撮ったらさっさと下りる準備にかかる。

素晴らしい大斜面だが、とにかく雪質が悪い。洗濯板(若い人は知らないだろうが・・)の上を滑っているようだ。洗濯板の上を滑った経験はもちろん無いが、そんな気がするほどの悪雪だ。テレマーカーMを名乗っているが、テレマークスキーできたことを悔やむ。

天狗原から下は、今度はモナカ状になった重い悪雪だ。無理をせずキックターンも多用しながら慎重に下る。成城大小屋前まできて、やっと遅い昼食とする。ここからはひたすら林道を直滑降でスキー場を目指した。
初滑りにしては、えらくハードな山スキー山行となった。