鍬崎山~夏のコラボ企画~

★山行日

2020年8月15日(土)曇りのち晴れ

★メンバー

光源氏、【U山さん、O島さん、I場さん,B道さん、U田さん、S川さん、T田さん➡富山県ランニングクラブ所属、ブログ掲載了承済】、みっちゃん(記録)

★コースタイム

粟巣野スキー場6:25⇒瀬戸蔵山8:00(休憩20分)⇒大品山8:40(休憩20分)⇒鍬崎山11:30(休憩50分)⇒粟巣野スキー場15:50

 

 今年の夏は梅雨明けは遅かったものの、明けたとたんに連日の猛暑。このお盆休みも熱帯夜が続いていて、下手すると身体のリズムを崩してしまいそう。そうならないために!体を動かすのは実によいことかと。スポーツ全般、心身両面にわたり健康の保持増進にとても効果的ですので。

 登山と並行して他のスポーツをやってらっしゃる方も多いのですが、わたくしはランニングを少々。最近入会された光源氏富山県ランニングクラブの会員の方、RUNの話をするうちにランニングクラブ内で”登山部”がたちあがり、第一弾として鍬崎山へ行かれるとの情報が。これぞ「山登りと走りの融合」???わたくしにとっては夢のようなコラボレーション企画、ご一緒させて頂けることになりました☻

f:id:toyama-rouzan:20200815062400j:plain

 粟巣野スキー場駐車場に集合、リーダー・企画された方のご挨拶、スタートです。

f:id:toyama-rouzan:20200815063709j:plain

 瀬戸蔵山の名所。

f:id:toyama-rouzan:20200815063713j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200815063717j:plain

 光源氏。よくよく考えてみたらお会いしたのは今日が初めて。LineでRUNの話などいろいろしていたせいか?初対面という感じがしません。明るくノリのいい方で(^o^)

f:id:toyama-rouzan:20200815063756j:plain

百閒滑。

f:id:toyama-rouzan:20200815065403j:plain

 龍神の滝。展望台があります。

f:id:toyama-rouzan:20200815071127j:plain    とにかく皆さん明るいです。

 お聞きしたところ。今回の参加者の方々は立山マラニック(フル)にエントリーしてらっしゃったり、なかなかそれなりのレベルの方たち。立山はトレーニングでもしょっちゅう登ってらっしゃいますがお膝元にある低山はほとんど登ったことがないとのこと(以外)。今回目指す鍬崎山も登られたことがあるのは2人だけでした。

f:id:toyama-rouzan:20200815080451j:plain

 もしかしてわたくしが一番体力レベル下でしょうか?(;^ω^)  足を引っ張らないよう頑張らなければ…。とりあえず瀬戸蔵山に。

f:id:toyama-rouzan:20200815080513j:plain

 休憩とコミュニケーションタイム。暑いですのでしっかり水分補給。あと塩分とか。体力を保持するために必要なことたくさんご存じなんですね。さすがアスリートだなと。

f:id:toyama-rouzan:20200815084751j:plain

  大品山。

f:id:toyama-rouzan:20200815084805j:plain

 ユーチューバーだそうです。今後世界に羽ばたかれるかもしれません。この山行の動画も全世界にアップロード。光栄です(^o^)

f:id:toyama-rouzan:20200815085101j:plain

 何のポーズ?わたくしにはポケモンキャラのゴリランダーに見えたのですが(失礼!)。

f:id:toyama-rouzan:20200815084838j:plain

 この日15日は終戦記念日。平和の鐘を…。

f:id:toyama-rouzan:20200815092122j:plain

 お天気が不安定かも?だったのですが晴れてきました。佐々成政埋蔵金伝説の山、鍬崎山へ。リーダー、さすがなのですが速いです💦お聞きしたのですが元々は登山をやってらっしゃったそうで。なかなかの山行歴、たくさんお話を聞かせてくださいました。

f:id:toyama-rouzan:20200815105407j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200815111522j:plain

 走るのと山を登るのは使う筋肉が違いますし。メンバーの一人の足がつるというトラブル勃発。大丈夫かな?メンバーにマッサージ師の方が。手腕発揮されました。

f:id:toyama-rouzan:20200815113620j:plain

 とにかく皆さん元気です\(^o^)/

f:id:toyama-rouzan:20200815113822j:plain

  鍬崎山山頂着。

f:id:toyama-rouzan:20200815114028j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200815114254j:plain
 光源氏ランニングクラブの皆さんの弾ける笑顔と鍬崎山⛰(^o^)

f:id:toyama-rouzan:20200815114314j:plain

 薬師岳の展望台で知られる山ですが、残念ながらガスで展望はいまいち。有峰湖は綺麗でした。

 ご飯を食べながらたくさんお話して。下山時も要所で大休憩してコミュニケーションタイム。みなさん健脚で速いですからわたくし必死でしたが。会話する時間をたくさん設けて頂けたことによりいろんなお話が聞けて。この日一日で自分が知らなかった世界、思ってもみなかったこと、ずいぶん知識が増えました☻

f:id:toyama-rouzan:20200815133253j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200815150605j:plain

 下山は貯水湖を通るルートで。

f:id:toyama-rouzan:20200815152059j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200815155429j:plain

 粟巣野スキー場駐車場にゴール。リーダーのご挨拶ののち解散…なのですがまたまた

コミュニケーションタイム。RUN、山、他いろいろ…話は尽きません。名残り惜しさを残しての解散と相成りました(^o^)
















 

 

 

 

 

モモアセ谷(東又谷)素麺山行

★山行日

2020年8月9日(日)雨のち曇りのち晴れ

★メンバー

スキー講師Y、キヨさん、沢ヤか?Y、浦G、ミスター(元会員)、ショーナン、機関車、よっぴ~、まっきー、スーちゃん、ミツバちゃん、マリンちゃん、リバティ

 

f:id:toyama-rouzan:20200809085848j:plain

   先ずは林道歩きから、到着した頃は雨が降っていたが止んで良かった。

 

f:id:toyama-rouzan:20200809084719j:plain

    今日は涼しいくらいなので、あそこに飛び込む人は居るのかな?

 

f:id:toyama-rouzan:20200809092653j:plain

               やっぱりいました!!

 

f:id:toyama-rouzan:20200809092726j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200809092838j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200809094438j:plain

      デカ岩と水量が多めなので渡渉に少し時間が掛かります。

 

f:id:toyama-rouzan:20200809095224j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200809100816j:plain

        モモアセ谷の入口、連瀑帯が見えてきました♪

 

f:id:toyama-rouzan:20200809102838j:plain

        ここでそうめんを食べてから滝を登ります

 

f:id:toyama-rouzan:20200809103128j:plain

            アッちっち!!早く冷やして!

 

f:id:toyama-rouzan:20200809103211j:plain

          滝の勢いに負けて麺を溢さない様に

 

f:id:toyama-rouzan:20200809103557j:plain

      準備ができるまで、こちらも登攀の準備をしておきます♪

 

f:id:toyama-rouzan:20200809103641j:plain

   品数豊富(@_@;) 女性陣が頑張って作って来てくれました 感謝!!

 

f:id:toyama-rouzan:20200813203828j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200809105022j:plain

                至福のひと時

 

f:id:toyama-rouzan:20200809112517j:plain

           さあ、お腹を満たした後は登るぞ!

 

f:id:toyama-rouzan:20200809113100j:plain

              小滝を何度か越えて…

 

f:id:toyama-rouzan:20200809113609j:plain

             この大滝の前で登攀は終了♪

 

f:id:toyama-rouzan:20200809114438j:plain

               降りは慎重に

 

f:id:toyama-rouzan:20200809120405j:plain

           女性陣にはチョー優しい山の先輩☻

 

f:id:toyama-rouzan:20200809120630j:plain

       そんな心配そうに見ないでよッ😠完璧でしょ!!

 

f:id:toyama-rouzan:20200809123351j:plain

    本流に戻り三階棚滝を見に行ったが時間が掛かりすぎ途中で戻った

 

f:id:toyama-rouzan:20200809131738j:plain

                 おーっやるね!

 

f:id:toyama-rouzan:20200809131931j:plain

       ショーナンさん、海も良いですが沢も良いですよ!

 

f:id:toyama-rouzan:20200810215703j:plain

 

薬師岳

★山行日

2020年8月10日(月)晴れ

★メンバー

スーちゃん、まがよちゃん(記録)、会員外1名

★コースタイム

折立登山口(1350m) 6:44⇒太郎兵衛平(2330m) 9:42⇒薬師岳山荘(2701m) 11:27 ⇒山頂(2926m) 12:17 ⇒太郎兵衛平14:47⇒折立登山口17:20

 

山の日、晴れの予報☀️
去年行った薬師岳。今年も日帰りチャレンジ✌️

今回のメンバーは、先週北ノ俣岳の途中で断念したため体力に自信がない私、まがよちゃん、北ノ俣岳に登頂して健脚だけど前日の沢登りで少しお疲れのスーちゃん。そして3日前のランニング中に太もも肉離れした会員外の友人。三人三様の問題を抱えて行けるところまでとスタートしました。

途中失速したと思ったら、眠りながら木道を歩くという荒技を繰り出したスーちゃん、肉離れの痛みを○○コールで散らした友人。私まがよは、途中の休憩で人知れず居眠りをして体力温存してました。そんなこんなで、なんとか無事に登頂✨

出発前、今日は山の日だから駐車場が混雑しそうという事で有峰林道のゲートが開く1時間前に着いたのに、前には10台以上の車が!心配だったけど折立に臨時駐車場に少し空きがあり駐車できました。

三角点、太郎平小屋前、薬師峠テント 場、山頂では多くの人々で賑わっていました。

青空と白い雲、可愛いお花、夏の山行を楽しんできました。

 

f:id:toyama-rouzan:20200812142606j:image

登山口。北ノ俣岳に行くまっきーさんとミワさんも途中まで一緒に。

 

f:id:toyama-rouzan:20200812142727j:image

三角点までの途中にあるアラレちゃんの看板。この看板は何代目だろうか?ボロボロになるたびに更新されています。

f:id:toyama-rouzan:20200812143132j:image

三角点まで来ました。ここでちょっと休憩。

 

f:id:toyama-rouzan:20200812143305j:image

気持ちのよい稜線歩き。太郎平小屋までもうすぐ。

 

f:id:toyama-rouzan:20200812143452j:image

太郎兵衛平。ここでまた休憩。

f:id:toyama-rouzan:20200812143706j:image

薬師峠を過ぎたあとのゴロゴロ石を抜けて薬師岳の稜線に出ました。

f:id:toyama-rouzan:20200812143859j:image

薬師岳山荘。山頂はもうすぐ。

f:id:toyama-rouzan:20200812144009j:image

登頂!

f:id:toyama-rouzan:20200812144045j:image

北薬師方面はガスガス

f:id:toyama-rouzan:20200812144218j:image

太郎平小屋方面。

f:id:toyama-rouzan:20200812144527j:image

帰り道、薬師岳山荘に寄ってご褒美スイーツ💕

これが今回一番の楽しみでした〜。

 

f:id:toyama-rouzan:20200812145610j:image

f:id:toyama-rouzan:20200812145623j:image

f:id:toyama-rouzan:20200812145717j:image

f:id:toyama-rouzan:20200812145735j:image

登山道を彩るお花達

 

 

 

 

北ノ俣岳(2662m)

★山行日

2020年8月2日(日)晴れ

★メンバー

機関車、ショーナン、よっぴ~、スーちゃん、まがよちゃん、ミツバちゃん、ケイティ、ゆっきぃ、まっきー

f:id:toyama-rouzan:20200810133624j:plain

    7時過ぎに出発、登山口には既に10数台の車が停まっていた

 

f:id:toyama-rouzan:20200802071351j:plain

 

f:id:toyama-rouzan:20200810133712j:plain

  倒木の脇を通過する箇所も何度か現れますが登山道はよく整備されています

 

f:id:toyama-rouzan:20200810133836j:plain

   ようやくと言った感じで神岡新道(現在は通行不可)との分岐に到着です

 

f:id:toyama-rouzan:20200802091128j:plain

 

f:id:toyama-rouzan:20200810133810j:plain

       寺地山からは北ノ俣岳雄大な山容が堪能できます

 

f:id:toyama-rouzan:20200810133946j:plain

          左へ目をやればどっしりと構えた薬師岳

 

f:id:toyama-rouzan:20200810133728j:plain

避難小屋(老朽化の為、現在使用禁止)で作戦会議、すでに11時を回っており健脚の2名が山頂へアタックする事に

 

f:id:toyama-rouzan:20200810133747j:plain

残るメンバーは小屋の近くをのんびりと散策。この風景良いですね、凄く癒されます。

 

f:id:toyama-rouzan:20200810133821j:plain

      山頂へ行けなくてもこれで十分満足?そんな事は無いか…

 

f:id:toyama-rouzan:20200810134007j:plain

 ここからは登頂者2名の貰い物(ではなく、勝手に拝借しました)写真です

 

f:id:toyama-rouzan:20200810134019j:plain

    稜線に出ると奥黒部の山々がガスが掛かる前に見る事が出来ました

f:id:toyama-rouzan:20200810133955j:plain

稜線に出てから10分程で北ノ俣の山頂へ到着ですが周辺はもうガスガスでした。避難小屋から1時間半での登頂だそうです。速い!!

 

白馬乗鞍沢(姫川水系)

★山行日

2020年8月2日(日)晴れ☀

★メンバー

ひかり号氏(L)、スキー講師Y田氏(SL)、ジョー氏、キョン様(会員外)、みっちゃん(記録)

★コースタイム

入渓7:30⇒白馬大池12:30(休憩60分)⇒白馬大池山荘12:40(トイレ休憩10分)⇒天狗の庭14:35⇒蓮華温泉15:40

 

 ようやく長かった梅雨が明け、待望の”夏”がやってきました。照り付ける太陽☀テンションがあがります。こうなると沢登りスピリッツに火がつくのですが…このタイミングで当会の”沢博士”?ひかり号氏が沢登りの計画を挙げられました。行き先は姫川水系白馬乗鞍沢”。蓮華温泉から沢を詰めてお花が咲き乱れる白馬大池に出るというなかなか創造性をかきたてられるルートです。メンバーのうちわたくしを含む3名にとっては今シーズンの沢オープニング企画。沢登りの醍醐味手つかずの自然を堪能する目的と涼を求めて…。

 f:id:toyama-rouzan:20200802072835j:plain

 快晴のこの日、蓮華温泉の駐車場は満車。なんとか空きスペースに駐車できました。車道をすこし歩いた橋の脇が入渓地点です。 

f:id:toyama-rouzan:20200802072848j:plain

 なかなかの急斜面。ずりずり滑り降りて入渓。  

f:id:toyama-rouzan:20200802073503j:plain

 下部連爆帯に突入。

f:id:toyama-rouzan:20200802081859j:plain

 水量は多めだったかもしれません。

f:id:toyama-rouzan:20200802081937j:plain

 リーダー・ひかり号氏は県外のいろんな沢をご存じですが。以外なことにこの白馬乗鞍沢は初めてとのこと。じっくりルートファインディングを。ちなみにサブリーダーは

今回唯一のルート経験者だったのですが。一切口を挟まず見守っていらっしゃいました。さすがの貫禄。スキー講師Y田氏流の教育方針。f:id:toyama-rouzan:20200808010042j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200807015221j:plain

  小滝の脇をどんどん登っていきます。 f:id:toyama-rouzan:20200807015455j:plain

 標高が高いですし。水は冷たいです。頭が(`・ω・´)シャキーンとします。f:id:toyama-rouzan:20200808010139j:plain

 ここは各自で自分に合ったルートファインディングを。滝の脇をへつるか草付きをよじ登るか…。

f:id:toyama-rouzan:20200802083707j:plain

 言わずと知れた高身体能力のサブリーダー。あいかわらず猫のようなしなやな動き。

 

 1720mの二又を左へ。一気に沢が狭まります。

 f:id:toyama-rouzan:20200802083800j:plain

  ジョー氏は今年沢登りを始められたのですが。運動神経の良さゆえか?初心者とはいえないです。このあと難しいへつりも難なくこなされました。

f:id:toyama-rouzan:20200802084745j:plain f:id:toyama-rouzan:20200802085308j:plain

 今回、会員外でご参加のキョン様。わたくしは去年赤木沢企画でお世話になりましたが体力、人柄、実力値、安心してついて行ける方です。 f:id:toyama-rouzan:20200802091111j:plain

 ちょっと休憩。距離が長く、なかなか体力が必要ですので。休憩でしっかりエネルギーチャージ。

f:id:toyama-rouzan:20200802121721j:plain

 沢を登る途中でも結構お花が咲いてました。

f:id:toyama-rouzan:20200802095055j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200802091638j:plain


f:id:toyama-rouzan:20200807024212j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200802105530j:plain

  上部連爆帯。

f:id:toyama-rouzan:20200807025856j:plain

 一か所滝を潜るシャワークライミングで突破するところが。なかなかの水圧でした。”滝行”で全員ずぶぬれに。

f:id:toyama-rouzan:20200802110733j:plain

 階段状の滝。自然が織りなす造形美…。心地よく高度を上げていけます。

f:id:toyama-rouzan:20200807031721j:plain
滝が枯れたら予想に反して雪渓が。アイゼンが必要とまではいきませんが急斜面なので滑れば下までサヨナラーになりそう。慎重に…。f:id:toyama-rouzan:20200808010310j:plain

 雪渓がなくなったらガレ場をひたすら登り…。

f:id:toyama-rouzan:20200802122016j:plain

 気持ちのいい草原歩き☻f:id:toyama-rouzan:20200802123716j:plain

 北アルプスらしい景色。お花がたくさん咲いていました。f:id:toyama-rouzan:20200808010436j:plain

 結構な藪漕ぎ。その先に…。f:id:toyama-rouzan:20200808010518j:plain

 ゴールの白馬大池。少しガスはかかっていましたがくっきりと景観を見渡せました。

f:id:toyama-rouzan:20200808010555j:plain

 透明な水を湛えて静かに横たわる白馬大池を前に佇むリーダー。さすが”沢博士”インテリジェンス感溢れる後ろ姿で…。f:id:toyama-rouzan:20200808010655j:plain

 せっかくの美しい景色ですので会話を楽しみながらゆっくり休憩を。ここで白馬大池をバックに記念撮影。

 このあとキョン様にも撮影に加わって頂いたのですが、ご尊顔をお見せする訳にはいきませんのでご容赦頂いて。f:id:toyama-rouzan:20200807035832j:plain

 帰りは登山道で。白馬大池山荘に立ち寄りました。テントがいくつか。

f:id:toyama-rouzan:20200802154344j:plain

 蓮華温泉駐車場にゴール。頬にあたる風が心地よかったです。

 

 今回の白馬乗鞍沢、初心者向けとはいえ(確かにザイルが必要な岩登りはなかったです。ガチャ類は一応着けていましたが)、バリエーションに富んだなかなか体力、現地適応力の必要なルートだったかと。地形も変化に富んでいて冒険心を掻き立てられました。人が踏み入ってない原生の自然の中には未知なる冒険が沢山隠されています。童心に帰って心もスッキリ。これだから沢登りはやめられませんね(^o^)✌






 

雑穀谷岩登り訓練~其の三~

★実施日

2020年8月1日(土)晴れ(真夏日☀)

★参加者

しげっち氏、スキー講師Y田氏、ちこさん、ジョー氏、浦G氏、ショーナン、ミツバさん、ミスター氏(元会員)、浪速の人氏(元会員)、クライマーY島氏(会員外)、みっちゃん(記録)

★登攀ルート

Aフェース、Bフェース、堰堤ルート

★練習メニュー

ボディビレイ、支点確保、懸垂下降、マルチピッチ

 

 長梅雨で記録的豪雨、土砂災害、更にはコロナの二次感染拡大の懸念…7月は会の岩トレも悪天候で中止に。室内ボルタリングも楽しいですが、やはり自然の天然岩を登る高揚感は格別なものがあります。8月に入ったこのタイミングでぴったり梅雨明け(^o^)今年の夏はどうなるのか?と心配していましたが、無事開催することができました。

f:id:toyama-rouzan:20200801095432j:plain

 朝からじりじりと照り付ける太陽☀しかし人間は恒温動物、暑さには強いはず?

 まずはAフェースにトップロープをかけて訓練。

f:id:toyama-rouzan:20200801104608j:plain

 最近入会されたショーナン氏。クライミングは初めて。これからいろんなことにチャレンジしていきたいそう。岩講師・しげっち氏直々の指導がはいります。

f:id:toyama-rouzan:20200801104852j:plain

 Aフェースでも難易度の高い左側ルート。今日もベテラン勢は余裕で登られました。

f:id:toyama-rouzan:20200801105716j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200801113334j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200801132910j:plain

 午後から堰堤ルートの方へ移動。灼熱地獄だったりして?と思いましたが。

f:id:toyama-rouzan:20200801125134j:plain

 日陰になっているところもあって案外大丈夫。今日がクライミングデビューのショーナン氏、早速ここを登ってみるとのこと。チャレンジ精神大切です!

f:id:toyama-rouzan:20200801134511j:plain

 堰堤ルートは真ん中より少し上の方に中間地点のようなところがあるのですが。そこまで特に難なく登られました。初心者には決してやさしいルートではないのですが。よく頑張られました…☻

 あと、このあとわたくしはマルチピッチの練習に行ったものですから写真を撮れなかったのですが(スイマセン💦)、途中参加のミツバさん、やはりこの日が雑穀デビューだったのですがショーナン氏と同じくらい登られたとのことでした☻☻

f:id:toyama-rouzan:20200801122153j:plain

 リードで登り、みんなを牽引される岩講師。ありがとうございます…。

f:id:toyama-rouzan:20200801125113j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200801122712j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200801170456j:plain

 わたくしを含め3名がマルチピッチの訓練のためBフェースへ移動。ベテランがリード(ダブルロープ)で登り、マルチ初心者2名がセカンド、サードと続く構成。

f:id:toyama-rouzan:20200801141750j:plain

 2番手、3番手で上り下りする分には先生のいらっしゃる所をひたすら目指していればいいのですが…。

f:id:toyama-rouzan:20200801143601j:plain

 いつまでもそれでは成長しませんですし。降りる時はわたくしを先頭で降りさせてくださいました。マルチを先頭で降りるのは落としたザイルがこんがらがっていたり、木に引っ掛かっているのを修正しながら懸垂で降りて行く作業。不慣れなのもあるかとですが、なかなかどうして大変でした。先頭で導いてくださっていた方、こんな苦労をしてらっしゃったんだなと身をもって思い知りました。

f:id:toyama-rouzan:20200801142031j:plain

 なんとかやり遂げて降りてきましたが大幅時間オーバー<(_ _)>待っていて下さっていたメンバーの方も…遅くまでありがとうございました<(_ _)>

 今日クライミングデビューのお二人の感想も聞きたかったのですが。暑い中こういった機会を設けて頂けたのですから。まずは感謝して継続して。それからクライミング

魅力…まずはルートを登り切った時の達成感を堪能してもらえたら。そうなったらしめたものです(^o^)




 

美ヶ谷(五箇山)

★山行日

2020年7月26日(日)曇り一時晴れ

★メンバー

スキー講師Y、K社長、ショーナン、スーちゃん、、まっきー、ケイティ、ミツバちゃん、機関車

 

 

f:id:toyama-rouzan:20200727204012j:plain

         入渓から10分で一枚岩のナメが出てきた

 

f:id:toyama-rouzan:20200727204023j:plain

           ナメの次は簡単に登れる小滝も

 

f:id:toyama-rouzan:20200726083318j:plain

   そして奥には3段20mの大滝が… これは右のルンゼから巻いた

 

f:id:toyama-rouzan:20200726091930j:plain

          大滝を巻いた後もいろいろ出てきます

 

f:id:toyama-rouzan:20200726092828j:plain

この先760mの二又で引き返した。理由は午後から天気が崩れるのと、もう一つは

 

f:id:toyama-rouzan:20200726104253j:plain

     コレ!! たまにはロープワークの練習もしなくてはね!

 

f:id:toyama-rouzan:20200726105954j:plain

               上段(5m)の滝の下降

 

f:id:toyama-rouzan:20200726113343j:plain

              中段(12m)の滝の下降

f:id:toyama-rouzan:20200726105413j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200726110136j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200726111202j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200726112111j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200727204649j:plain

              中段の滝を下から撮影

 

f:id:toyama-rouzan:20200727204619j:plain

   上段と中段、30mザイルを2本結んで下降したが丁度の長さだった

 

f:id:toyama-rouzan:20200726113957j:plain

            最後は沢講師Y会長が〆た

 

f:id:toyama-rouzan:20200726114854j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200726120124j:plain

     昼過ぎに駐車場所に戻ったが結局雨に降られる事は無かった