大品山~鍬崎山雪洞ハイク

★山行日

2020年2月29日(土)☀

★メンバー

しげっち氏(L)、よっぴ~さん、NOMO氏、ジャッカル氏、みっちゃん(記録)

【スキー3名、ワカン2名】

★コースタイム

7:00粟巣野スキー場ゲレンデトップ⇒9:20大品山⇒シールをつけたまま滑って登り返し⇒11:00鍬崎山1429m地点⇒雪洞堀⇒13:00鍬崎山1429m地点発⇒14:30粟巣野スキー場P

 

 このところのバイオハザード(生物災害)の各方面への影響は想像以上。当山岳会でも毎週実施していたボルダリングの練習会が一時取り辞めに。やはりというべきか影響が及んできました。明るいニュースが聞こえて来ないこの頃ですが、だからといってじっとしてばかりはいられないのが岳人、山登りplayerです。

 今シーズンの記録的暖冬で黒姫山で実施予定の一泊二日雪洞ハイクも雪不足で中止だったのですが、代替で日帰りできる近場の山でミニチュアの雪洞を作ってみようではないかとなりました⛄山の選択は悩むところでしたが前の週にアプリで山スキーの記録が出ていた鍬崎山に決定。大品山との縦走コースで行ってみました。

 f:id:toyama-rouzan:20200304101830j:plain

 集合時、辺りはまだ真っ暗。今日はスキー3名、ワカン2名のメンバー構成。装備の確認とビーコンチェック。

 f:id:toyama-rouzan:20200304102006j:plain

 雪不足で営業していないゲレンデを登っているうちに白々と明るくなってきました。

f:id:toyama-rouzan:20200304102127j:plain

 2日前に降雪があったので予想に反してのふくらはぎラッセル。ワカンだと潜ってました。

 f:id:toyama-rouzan:20200304103748j:plain

 ゲレンデトップ着。

f:id:toyama-rouzan:20200304104226j:plain

 導水管の横の方から登っていきます。貯水池上の尾根は結構な急登&ガリガリ。クトーを着けました。藪はそれほど気にならなかったです。

f:id:toyama-rouzan:20200304104448j:plain

 雪をかぶった針葉樹の向こうには縦走予定の鍬崎山。今年は小雪で行きやすいとはいえ今日山頂到達は時間的に難しそう。行けるところまで行こうということに。

f:id:toyama-rouzan:20200304104654j:plain

 樹林帯に差し込む日の光を浴びながら。森の空気は澄んでいました…。

f:id:toyama-rouzan:20200304104838j:plain

 休憩タイム。

f:id:toyama-rouzan:20200304104913j:plain

 ワカンの二人。さすが若い男子。休憩の必要あるの?と思うくらい余裕。

f:id:toyama-rouzan:20200304105129j:plain

 大品山ピークへ。新雪が積もっていてもうクトーは必要なし。

f:id:toyama-rouzan:20200304105220j:plain

 大品山ピーク。本当にいいお天気。

f:id:toyama-rouzan:20200304105247j:plain

 正面に鍬崎山。尖った先端の山容、カッコイイですね☻

 ちなみにこの鍬崎山には富山城主だった佐々成政公が数百万両の軍用金を埋めて隠したという埋蔵金伝説が。山を眺めながらメンバーの意識は四百数十年前の成政公の時代へとタイムトリップ。

f:id:toyama-rouzan:20200304105401j:plain

 大品山ピークからシールを着けたまま滑って登り返し、鍬崎山1,429m地点に。今日はここでタイムアウト

 鍬崎山山頂ほどではありませんが、ここも薬師岳立山の展望台として実にいいロケーション。快晴の青空と雪の北アルプスコントラスト、美しいです。

f:id:toyama-rouzan:20200304105540j:plain

 休憩後、すぐ下の斜面でプチ雪洞を作ろうとなりました。ゾンデ棒で積雪深を測ると約1m30㎝。本格的な雪洞には少なくとも3mの積雪量が必要とのこと。

 余談ですがリーダーが座ってらっしゃるのは最近購入されたブラックダイヤモンドヘリオセンター116。今回の山行がデビュー戦です。後で滑った感想をお聞きしましたがなかなか素晴らしい浮力だったようです。なんて羨ましい⛷

f:id:toyama-rouzan:20200304105739j:plain

 すぐ下の急斜面でプチ雪洞作りスタート。まずは雪を集めて山にして叩いて固めて…。

f:id:toyama-rouzan:20200304105824j:plain

 なかなか楽しいです。完全に童心に帰ってました(^^♪

f:id:toyama-rouzan:20200304110529j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200304110556j:plain

 リーダーのザックはまるでドラえもんの4次元ポケット。いろんなものが出てきますが。シャベルですが鍬みたいな。作業効率はバツグン。畑を耕すかのように雪を堀り進めました。

f:id:toyama-rouzan:20200304110653j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200304110731j:plain

 あらかた掘って中を固めて記念撮影(^o^)

f:id:toyama-rouzan:20200304110858j:plain

 全容はこんな感じ。本格的な洞穴式雪洞は中で寝れるほどのスペースにします。来年こそは…。

 

 この後下山。わたくしはスキーで参加でしたが。鍬崎山を降りる時はやや重いながらも比較的滑りやすいパウダー斜面。シールを着けて登り返して大品山を降りる頃には雪はずっしり重パウに。貯水池上のガリガリ急斜面細尾根を降りるのはなかなかのスリル。ひたすら横滑りにての対応でした。あと細い通り道をスキーを担いで木につかまりながらトラバースするところも。後で思い起こせば「怖かったような面白かったような」なのですが…この時は正直言って怖かったです。

 スキー組の苦労をよそにハイクの二人組はスイスイ下山。二人に追いついたのはスキー場ゲレンデに出てからでした。

f:id:toyama-rouzan:20200304111015j:plain

 スキー場ゲレンデに無事帰還したところで今回実に”山岳会らしい”山行を提供してくださった???リーダー・しげっち氏とよっぴ~さんにポーズをキメて頂いて。お導きありがとうございました(人''▽`)

 

 今回の雪洞ハイク、わたくし個人の感想ですが。雪洞を作るのは冬山訓練の一環。冬山に入るのであれば万が一の時、寒さから身を守る究極のシェルターの雪洞を作る技能は是非とも覚えておきたいものです。もちろん雪崩の知識など学ぶことは他にもたくさんあります。

 ただ今回雪不足で本格的な雪洞作りの”予行練習”でお天気が良かったのもありますでしょうが、みんなで雪の洞穴を作っているうちにすっかり童心に帰ってまして。仲間と協力することの大切さと童心に帰ることのメリットがわかったような。無垢な気持ちになって頭がクリアになるからでしょうか?新しいこと、面白いと思うことをやってみようという意欲が湧いてきたような。来シーズン積雪があれば本格的な雪洞を作りに行くかと思いますが、訓練を楽しみながら出来たら仲間との結束も強まり能率もアップしないかな?と思ったりします(あくまでもわたくし個人の意見です)。

 その時のリーダーにお許しいただければですが。雪洞の中に雪のテーブルとか椅子を作ったり(”雪の女王”の氷の城を意識?)して仲間でチーズフォンデューなど囲んでみたいなと思ったり。

 もちろんあくまでも目的は冬山訓練、冬山のリスクから身を守る技能を身につけることが第一ですが。どんな山行になりますでしょうか?それはまた来シーズンに…

 

 

 

遠見尾根_一ノ瀬髪(山スキー)

山行日  2020.03.01 

 曇 昼近くから快晴 尾根は弱風

 

メンバー  10

 K社長(L)  、しげっち、スキー講師Y田、みっちゃん、KOBO、まっき〜、浦GスキーヤーK(部員外) 、よっぴ〜、(計画書順)  ※リバティ(記録)  

 

コースタイム 

  6:00常願寺P 8:05 白馬47P 8:50 ゴンドラ乗車 9:45地蔵の頭 11:20一ノ瀬髪1867m地点  11:50滑走開始 13:15 1332m地点 大休止 13:50滑走 15:05堰堤渡渉 16: 40白馬47P ー19:45常願寺P  

 

 

出発時の富山は生憎の雨、長野へ入る頃には曇り空に。みなさんとってもカラフル!

f:id:toyama-rouzan:20200303221341j:plain

47スキー場はガスっていたが、ゴンドラとリフトを乗り継ぎゲレンデトップへ行くと晴れてきた。

多少湿った感のあるパウダーをクトーなしでアップ。日差しがあるせいか暖かいとさえ思う。

眼下に雲海、青空と白を目に焼き付けながら地蔵の頭、一ノ瀬髪へ向かう。

f:id:toyama-rouzan:20200303221640j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200303221655j:plain

八方尾根越しの白馬三山 

見えたと思ったらあっという間に雲の中に。

f:id:toyama-rouzan:20200303221613j:plain

唐松から八方尾根方面

f:id:toyama-rouzan:20200303221732j:plain

五龍 武田菱がクッキリと

f:id:toyama-rouzan:20200303221702j:plain

11:20一ノ瀬髪1867m地点から滑走開始 その前にもぐもぐタイムと記念撮影。

f:id:toyama-rouzan:20200303221710j:plain

序盤は脚に力が入るが、深く重い雪に苦戦。

13:15、ラーメンタイム🎶

f:id:toyama-rouzan:20200303221718j:plain

🔰の私は、滑走ルートをイメージしては滑って足を取られ転倒の連続 (._.) 

徐々に疲れがたまって踏ん張れなくなり脚も攣り(._.) でも、そんなこんなも楽しむ!

f:id:toyama-rouzan:20200303221759j:plain

 

堰堤を渡渉、靴に少し水が入ったが気にせず、その後は林道をひたすら進む

f:id:toyama-rouzan:20200303221744j:plain

板をつけたり背負ったりしながら、こんなところも通過。

f:id:toyama-rouzan:20200303221749j:plain

やがて雪は消え、あとはテクテク歩き。

ここをあがって、堤から河原に降りてラストの渡渉が待っている。

堤から河原に丸太を使ってなんとか降りて無事渡渉、ゴールの47スキー場Pはすぐそこ。

f:id:toyama-rouzan:20200303221754j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200303232041p:plain

 

戸倉山(糸魚川)975,5m

 

★山行日

2020年2月24日(月)快晴

★メンバー

スキー講師Y田、ピークハン長、K社長、浦Gさん、YSОK、NOMO、かがやき1号、あずさ2号、よっぴ~、まっきー、みっちゃん、まがよちゃん、スーちゃん、ケイティ、ミツバちゃん、機関車

 

 

f:id:toyama-rouzan:20200225203422j:plain

今回はスキーでの参加が1名のみ でもただのスキーではありませんゾ!

後ろのザックから 足が出てる!?

 

f:id:toyama-rouzan:20200224090103j:plain

  取付き地点は雪が切れかけていた所も有ったが暫く登ると雪は安定して来た

 

f:id:toyama-rouzan:20200224091639j:plain

  今の時期なら白池も雪で真っ白に覆われている筈だが水面が見える所も有った

 

f:id:toyama-rouzan:20200225203845j:plain

                 白池から雨飾山

f:id:toyama-rouzan:20200224121135j:plain

        同じく駒ケ岳三山(左から駒ケ岳、鬼が面山、鋸岳) 

 

f:id:toyama-rouzan:20200224092817j:plain

f:id:toyama-rouzan:20200224104606j:plain

           雨飾山の左奥には活火山の焼山も見えた

 

f:id:toyama-rouzan:20200224094231j:plain

 

f:id:toyama-rouzan:20200224101211j:plain

         山頂からは遠く北アルプスの山々も一望できた

 

f:id:toyama-rouzan:20200224111606j:plain

大渚山(山スキー)

★山行日

2020年2月23日(日)雪⛄

★メンバー

k社長、スキー講師Y田氏、KOBO氏、ジャッカル氏、みっちゃん(記録)

★コースタイム

9:15大草連⇒11:40大渚山⇒13:30大草連

 

 雪不足だなんだかんだといっているうちにもう2月も下旬、春の便りが届く時期になりました。寒暖差が激しくて雪が降っては気温が高くて溶けてしまって…山スキーの定番コースも極暖冬の今年は遂行不可能だったり。どこかないかな?浮上したのが豪雪地帯の信州・小谷エリアにある「大渚山」。バックカントリーの世界では近頃メジャーな山のようです。前日の雨は夜中から雪に変わった模様、もしかしてパウダーかも???

f:id:toyama-rouzan:20200223090449j:plain

 大草連地区に駐車させて頂いて大渚山アタック。気温はマイナス。空を覆って降り続ける大粒の雪。この時点でパウダー滑走確定☻

f:id:toyama-rouzan:20200223091054j:plain

 林道歩きからのスタートになります。

f:id:toyama-rouzan:20200223095707j:plain

 やはり人気のバックカントリーコース。ガイドツアーらしきパーティもいらしてトレースはバッチリ。

f:id:toyama-rouzan:20200223105714j:plain

 程よい起伏の樹林帯を登っていきます。固く締まった雪の上に昨夜からの新雪、登りやすいです。

f:id:toyama-rouzan:20200223114130j:plain

 少々斜度のキツイところもありましたが問題なく山頂手前の尾根筋に乗りました。

f:id:toyama-rouzan:20200223114126j:plain

 しばし休憩。このあと稜線を歩いて山頂へ。

f:id:toyama-rouzan:20200223120923j:plain

 お天気が良ければ一旦北斜面を滑って登り返すのも楽しいかと思うのですが。雪は止む気配ナシ。東尾根の方へ戻って滑走開始。

 

 アイスバーンの上に乗った程ほどパウダーを予想していたのですが。なかなかどうしてのディープパウダー。どパウダーと言ってもいいかも。個人的な好みもあるかとですが足元のモフモフ感は癖になりそうな心地よさ(^^♪”。”パウダージャンキー”と呼ばれる人たちの気持ちがわかるような気がします。

 ちなみにジャッカル氏は今シーズン山スキーを始めてこの日が3回目。スノーボードからの転向でスキーは不慣れだったはずなのですが。パウダーマジック。楽しいと思うことが上達につながる?ほぼ問題なく滑っていらっしゃいました。

 

 だいたい予定通りの時刻に大草連駐車場所にゴールイン。白馬エリアの風吹荘で源泉かけ流し濁り湯を堪能して富山への帰路につきました。

 

 今回の大渚山はコンパクトな里山なのですが積雪期にパウダーを頂きに行くのに雪質も良く実によろしいかと。お天気が良ければ山頂は北アルプス妙高、戸隠の山々を見渡せる絶好のビューポイントのよう。そのお楽しみはまた次回に。あと、拠点の小谷温泉は武田信玄公の家臣が見つけられたとゆう歴史のある湯のようです。そちらもあわせて楽しみたいと思います(^^♪

 

 

放山(笹倉温泉より)・山スキー

★山行日

2020年2月22日(土)晴れのち雨

★メンバー

ピークハン長、NOMO、かがやき1号(記録)

★コースタイム

7:11笹倉温泉⇒7:30林道取り付き⇒9:40最高到達点(1,039m)⇒9:50滑走開始⇒11:20笹倉温泉

空沢山へ行く予定であったが,天候が崩れるのが早そうなので,目的地を放山へ変更。2週連続の放山となった。スタートの笹倉温泉はもはや5月初旬の様相。水田のショートカットもままならず,農道を遠回りしての取りつきとなった。小雪にビビッていつもより手前で取りついたところ,見事に藪地獄にはまる。今シーズンは藪と仲良くなれそうである。いつもの快適斜面まで行けば,藪はさほど気にならない。雨の影響で雪が腐っているので滑走は楽しめないが,今シーズンにしては良いほうであった。

f:id:toyama-rouzan:20200222071133j:plain

フロントの方に車両駐車をお願いし,笹倉温泉をスタート

 

f:id:toyama-rouzan:20200222071138j:plain

雪が少ないので取りつきまで農道経由となった。

f:id:toyama-rouzan:20200222074021j:plain

小雪にビビッていつもより手前で取りついたら,藪地獄にはまった。

f:id:toyama-rouzan:20200222083108j:plain

ようやくいつもの快適斜面に復帰。

f:id:toyama-rouzan:20200222090228j:plain

途中の池。存在を確認したのは初めて。

f:id:toyama-rouzan:20200222092313j:plain

暖冬でも放山らしい斜面は健在です。

f:id:toyama-rouzan:20200222094123j:plain

雨が降ってきたので,本日はここで終了。

f:id:toyama-rouzan:20200222093943j:plain

火打,焼山方面。

f:id:toyama-rouzan:20200222111830j:plain

脱線して春の伊吹を収集中。

お疲れさまでした。

放山(北東尾根)・山スキー

★山行日

2020年2月15日(土)曇り時々☀

★メンバー

k社長(L)、スキー講師Y田氏、ピークハン長氏、KOBO氏、ジョー氏、みっちゃん(記録)

★コースタイム

8:40シャルマンスキー場⇒11:00放山(1,189.5m)⇒11:50滑走開始⇒13:30シャルマンスキー場

 

 ここ富山県では2月に入ってやっとまとまった降雪がありましたがそれも一時。2月半ばにして小春日和。暖冬は風水害の前触れともいわれますが、何事もないことを願って…。

 このような雪不足のシーズンでもなかなかの積雪があるのが豪雪地帯の放山。シャルマンスキー場ゲレンデトップから登れるTHEバックカントリーな山です。スキー場の積雪量から山の雪の状態を予想しやすいのもいいところですね。平地は3月並みに気温が高かったこの日、ちょっと早いですが春山の季節の息吹を楽しみに?行ってきました。

f:id:toyama-rouzan:20200215084647j:plain

 集合場所から約一時間半でシャルマン火打スキー場に到着。富山ナンバーの車多し。

f:id:toyama-rouzan:20200215091416j:plain

 クワッドリフト一回券(大人:500円)を購入、ゲレンデトップへ。登山届を提出して入山。

f:id:toyama-rouzan:20200215091409j:plain

 気温が高いですから。しっかりガスってます…。

f:id:toyama-rouzan:20200215092510j:plain

 まずはシールは着けずに少し滑ります。 藪は全く気にならないです☻

f:id:toyama-rouzan:20200215094048j:plain

 しばし滑り降りた先、平坦なところでシールを着け、ハイクアップ開始。

f:id:toyama-rouzan:20200215102426j:plain

 バックカントリー入門にもピッタリな人気コースですので。トレースはバッチリあります。道に迷う心配はナシ。徐々にガスも晴れてきてブナ林の中を気持ちよく稜線に向かって登っていきます。

f:id:toyama-rouzan:20200215095653j:plain

 ハイクアップ途中で他パーティの中に会員のかがやき1号氏、リバティさんを発見。「え!まさか?」と二度見してしまう光景。かがやき1号氏の胸元には愛娘さんの姿が…。よほど技術に自信がないとできないことかと。f:id:toyama-rouzan:20200215111447j:plain

 山頂着。ガスが晴れてきて周囲の山々が顔を出してきました。

f:id:toyama-rouzan:20200215113124j:plain

  休憩している間に晴れてきて山頂は絶好の展望台。雪の焼山、火打山、美しい…女性的な山容の火打山に対して男性的な焼山。好対照をなしていますね。f:id:toyama-rouzan:20200215112352j:plain

 絶景をバックに記念撮影。近くにいたリバティさんにも入ってもらいました。

f:id:toyama-rouzan:20200215112010j:plain

 ここでお友達といらした会員のアラさんとばったり。県外のバックカントリーコースでまるで近所のスーパーにいるかのように知り合いに会うのですが。やはり今年のように雪不足だと積雪の予想のつくところにちょっと行ってこようとなりがちだからでしょうか?

f:id:toyama-rouzan:20200215114157j:plain

 シャルマンスキー場下部を目指して北東尾根を滑走。雪はズーンと重かったですが。

f:id:toyama-rouzan:20200215124123j:plain

 それでも雪不足の今シーズン、滑りに飢えていますから。それぞれ自分の滑りを楽しんでいろんなシュプールを描いていきます。まるで鯛やヒラメの舞い踊り。

 13時30分シャルマンスキー場センターハウス前に帰還。

 

 帰り道にある「権現荘」でお風呂に入って帰ることに。510円という良心的な値段で露天風呂で雪見を楽しめました(^o^)

 個人的な意見ですが時間があれば「道の駅マリンドーム能生」でカニや干物を買って越後の食を楽しむのもいいかと思います。富山からのアクセスも良く絶景も拝める手頃なバックカントリーコース。時間に余裕が出ることですしいろんな一日の楽しみ方が出来ますかね?(^o^)











 

 

 

金剛堂山(片折岳まで)

金剛堂山(会山行)

★山行日

2020年2月9日(日)曇り

★メンバー

スキー講師Y田、tada♂、アラさん、K社長、ピークハン長、しげっち、YОSK、かがやき1号、富山の名人、tada♀、よっぴ~、スーちゃん、マリンちゃん、まっきー、リバティ、けいてぃ、ミワさん、機関車   【スキー6名、ハイク12名】

★コースタイム

利賀スキー場駐車場出発 7:45 -尾根取りつき(標高770m) 7:50-登山道合流(標高995m) 9:30-1346ピーク 11:43~12:40- 利賀スキー場駐車場 14:35

 

f:id:toyama-rouzan:20200209211143j:plain

       今回は会山行の為スキーとハイクの混成チーム

 

f:id:toyama-rouzan:20200209211051j:plain

ハイク組は尾根の取り付きでいきなり胸ラッセル!早々にこの時点で登頂を断念!?

幸いスキー隊がいてくれたので、そのトレースを追い膝ラッセルで済んだ

 

 

f:id:toyama-rouzan:20200209105825j:plain

尾根上に乗るまではとにかく藪藪、歩く分には支障はないがスキー隊の下りでは地獄を見るだろう

 

f:id:toyama-rouzan:20200209112533j:plain

    標高1200m付近では藪も治まりブナの大木も見受けられ気持ちが良い♪

 

f:id:toyama-rouzan:20200209120028j:plain

      お昼も近くなったので予定通り?片折岳で行動を終了

 

f:id:toyama-rouzan:20200209211109j:plain

ずっと曇りがちでここでの気温は-10℃だったが、時折り日が差すと凄く温かかった

 

f:id:toyama-rouzan:20200209120615j:plain

雪崩講師のしげっち氏が居ない!? 隣の斜面で弱層テストCT(シャベルコンプレションテスト)を行っていたそうです。すいませんでした。

 せっかくなんで結果を言いますと、---------------------------

 「吹き溜まり、急傾斜は留意。雪崩が起きても点発生

 標高1346mピーク 北斜面 斜度 20°
 CT(シャベルコンプレションテスト)結果
  CTM14(PC)down30cm 。吹き溜まり、急傾斜は留意。
 エクステンディッドコラムテスト結果
  ECTN#16 *破壊は伝播しない。

 

f:id:toyama-rouzan:20200209131913j:plain

        しげっち氏の滑り ここは藪も無く快適な斜面だった

 

f:id:toyama-rouzan:20200209131945j:plain

           1000mから下の斜面は正しく藪地獄!

 

f:id:toyama-rouzan:20200209141219j:plain

  降りはハイク組の圧倒的な勝利!?でもスキー隊は良い仕事をしてくれました♪

 


尻セード#1


尻セード#2

f:id:toyama-rouzan:20200210213955j:plain